ゲンゲの花言葉と由来

ゲンゲの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ゲンゲ
学名Astragalus sinicus
主な花言葉(日本)私の苦しみを和らげる、あなたと一緒なら苦痛が和らぐ、感化、私の幸福
主な花言葉(海外)あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ
誕生花3月3日、3月22日、4月8日、8月31日
開花期4月~5月

花名は、紫色の花が雲のように咲いていたことに由来するそうです。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ゲンゲの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
私の苦しみを和らげる、あなたと一緒なら苦痛が和らぐあなたと一緒なら苦痛が和らぐ
ピンク感化、私の幸福

花言葉の由来(日本)

紫色の花が雲のように花壇一面に花を咲かせたことから「紫雲英」という漢字が付いたゲンゲ。

そんなゲンゲの根には薬効成分があり、昔から薬として服用されていました。

現在でもゲンゲの花や茎、根は漢方としても使用されています。ここから癒しに関する花言葉がつけられたのでしょう。

花言葉のある名言(日本)

幸福とは幸福を問題にしないときをいう。

ー芥川龍之介(小説家)

花言葉の由来(海外)

海外の花言葉は「your presence softens my pains(あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ)」。

日本と同じ花言葉ですが、ギリシャ神話からこの花言葉の由来がきているそうです。

それは『ある女神が男から逃げるために、ゲンゲに姿を変えていたのですが、そのゲンゲを誤って摘んでしまった女が、ゲンゲに変えられてしまった』というもの。

少し怖い由来のようにも思えますが、苦痛を共有することで、気持ちを楽にしようとしたのでしょうか。

花言葉のある名言(海外)

誰かの痛みを和らげてあげたいという願いが充分深ければ、人は必ずいつも効果的な言葉を見つけることができる。

ージョーゼフ・テルシュキン(作家)

ゲンゲの基本データ

花の名前ゲンゲ
学名Astragalus sinicus
和名蓮華草
英名Chinese milk vetch
マメ科
ゲンゲ属
原産地中国
開花期4月~5月
草丈/樹高10cm~30cm

和名は「蓮華草(レンゲソウ)」で、花の形が蓮の花に似ていることから名づけられたそうです。ちなみに、原産国である中国では「紫雲英(ゲンゲ)」と呼ばれ、こちらが正式名称とのことです。

また学名の「Astragalus」は、ギリシャ語で「くるぶし」を意味しています。

主な花の種類

種類名特徴
ゲンゲレンゲソウとしても知られている。
ミツバチも好む花で、ガーデニングに最適の花。

保存方法

タイプ越年草
花持ち期間5日程度
出回り時期4月~6月
耐寒温度‐10℃
耐寒性強い
耐暑性弱い
日照日当たりのいいところを好む
耐雨性普通
土質どんな土でもきちんと育つ
利用方法鉢植え、花壇

おわりに

ゲンゲの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

水やりを忘れなければ、土壌なども特に選ばずに元気に育ってくれるゲンゲは、ミツバチも好む花なので、花壇にあると他の植物もよく育ってくれるそうです。

初心者向けなので、ガーデニングを始めてみたいと思っている方にオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました