ヒペリカムの花言葉と由来

ヒペリカムの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ヒペリカム
学名Hypericum
主な花言葉(日本)悲しみは長く続かない
主な花言葉(海外)陽気さ(cheerfulness)
誕生花8月27日
開花期6月~7月

花名は、ギリシャ語で「悪魔よけの像の上に供えた花」という意味です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ヒペリカムの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
悲しみは長く続かない陽気さ(cheerfulness)

花言葉の由来(日本)

ヒペリカムは鮮やかな黄色の花を咲かせます。明るい色の花がたくさん咲いているのを見ると、気持ちも明るくなりますよね。

しかしヒペリカムはあまり花持ちが良くなく、やっと咲いたと思ったらすぐに枯れてしまいます。

枯れた花を見ていると悲しい気持ちになりますが、やがて秋になるとつやつやとした赤い実が色づいて、見る者を再び喜ばせてくれるのです。

そんなヒペリカムの様子から「悲しみは長く続かない」という花言葉がつけられました。

花言葉のある名言(日本)

天が癒すことのできない悲しみは地上にはない。

ートマス・モア(法律家)

花言葉の由来(海外)

ヒペリカムは海外では「陽気さ(cheerfulness)」という花言葉が知られています。

これはヒペリカムの仲間であるセントジョーンズワートという植物が、古くからうつ病や気分の落ち込みに効くハーブとして利用されてきたことが由来です。

セントジョーンズワートは別名セイヨウオトギリソウと呼ばれ、日本でもサプリメントやハーブティーとして普及しています。

観賞用以外でも、薬用としても人々を元気づけてくれるなんてありがたい植物ですね。

花言葉のある名言(海外)

陽気でいることが肉体と精神の最上の健康法である。

ージョルジュ・サンド(作家)

ヒペリカムの基本データ

花の名前ヒペリカム
学名Hypericum
和名ヒペリカム
英名Hypericum
オトギリソウ科
オトギリソウ属
原産地中国
開花期6月~7月
草丈/樹高20cm~1m

学名・和名・英名のどれも同じ「ヒペリカム」となります。

学名の「Hypericum」の語源は、ギリシア語の「hyper(上に)」と「eikon(像)」です。かつて悪魔よけの像の上にヒペリカムを供えたことが由来と言われています。

主な花の種類

種類名特徴
キャンディフレア実は小ぶりでピンク。
マジカルユニバース実は暗いワインレッド。
マジカルサンシャイン実は透明感のあるクリーム色。
ハピネスバイカラー実はオレンジに黄色の筋が入っている。
ココバンブー実は明るいグリーン。

保存方法

タイプ低木
花持ち期間3〜5日程度
出回り時期周年
耐寒温度-10℃
耐寒性強い
耐暑性強い
日照半日陰でも育つ
耐雨性普通
土質水はけと水もちが良い土
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

ヒペリカムの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

つやつやとしたキャンディーのような実が楽しめるヒペリカム。花束やフラワーアレンジメントのアクセントとして良く使われています。

悲しいことがあって落ち込んでいる人に、ぜひ花言葉を添えてプレゼントしましょう。

きっとあなたの励ましの気持ちが伝わりますよ。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net
タイトルとURLをコピーしました