サワギキョウの花言葉と由来

サワギキョウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前サワギキョウ
学名Lobelia sessilifolia
主な花言葉(日本)高貴、繊細、悪意
主な花言葉(海外)
誕生花8月21日、9月22日、10月30日、11月5日
開花期8月〜9月

花名は『沢などの湿地に自生するキキョウである』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

サワギキョウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
高貴、繊細、悪意

花言葉の由来(日本)

通常のキキョウとは全く異なる花姿のサワギキョウですが、優美なその姿から「高貴」や「繊細」といった花言葉が付けられています。

そんなサワギキョウは有毒物質を持っていて、古くは麻酔に使われていたといった記録も残っているほどです。

その毒性はミステリー小説のトリックに使用されることもあります。

「悪意」なんて花言葉がつくのにも納得してしまいますね。

花言葉のある名言(日本)

表にはさながら悪意のごとく振る舞う、気位の高い慈悲もある。

ーニーチェ(哲学者)

サワギキョウの基本データ

花の名前サワギキョウ
学名Lobelia sessilifolia
和名サワギキョウ
英名Cardinal flower
キキョウ科
ミゾカクシ属
原産地日本、東アジア
開花期8月〜9月
草丈/樹高60㎝~100㎝

学名で使われている「Lobelia」は植物学者であり、医師のマティアス・デ・ロベルの名前に由来を持ちます。

また、英名に「cardinal」とありますが、これはカトリック教会の最高顧問である枢機卿が着るローブに花の色が似ていることから使われています。

主な花の種類

種類名特徴
シロバナその名の通り白い花が咲く品種。
ロベリア・フルゲンス花も鮮やかな赤だが、葉の色も赤紫色の珍しい品種。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間5日程度
出回り時期6月~7月
耐寒温度
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日向
耐雨性強い
土質水はけが良く保水性の良い土を好む。ただし、乾燥を嫌うためたっぷりと水を与える必要がある。
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

サワギキョウの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

愛好家の中には、自宅のお庭に沼を再現して栽培したりと、その花姿からファンも多いサワギキョウ。

毒があるため取り扱いは注意すべきですが、ぜひ間近で見てみたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました