ホワイトレースフラワーの花言葉と由来

ホワイトレースフラワーの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ホワイトレースフラワー
学名Ammi majus
主な花言葉(日本)可憐な心、感謝、ほのかな思い
主な花言葉(海外)可憐な心、感謝、ほのかな思い
誕生花3月15日、6月7日、10月4日
開花期5月〜6月

花名は『繊細な小花がふんわりと集まって咲く姿が豪華なレースのように見える』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ホワイトレースフラワーの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
可憐な心、感謝、ほのかな思い可憐な心、感謝、ほのかな思い

花言葉の由来(日本)

ホワイトレースフラワーは、1本の茎から何本も枝分かれして小さい花がふんわりといくつも生えている可愛らしい花です。

花言葉の「可憐な心」は、この可愛らしくも繊細さを感じる花姿から付けられたと言われています。花名にもレースと入っているくらいなので、ぴったりの花言葉ですよね。

そんな見た目に反して、和名はドクゼリモドキという、刺激のある名前です。ドクゼリに似ていることから付けられました。

花言葉のある名言(日本)

人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり、脆弱であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。

ー坂口安吾(小説家)

花言葉の由来(海外)

ホワイトレースフラワーは、フラワーアレンジメントの名脇役としてよく用いられている人気の花です。特にブーケによく使われています。

またホワイトレースフラワーの種子には、健胃・利尿・皮膚病の効果があり、ヨーロッパなどでは古くから薬として親しまれていたそうです。

その複数の薬効から、花言葉の「感謝」が付けられました。可愛らしい見た目を持っていることに加えて、薬としても使われていたなんて、ホワイトレースフラワーの力には驚きですね。

花言葉のある名言(海外)

感謝は高潔な魂の証である。

ーイソップ(作家)

ホワイトレースフラワーの基本データ

花の名前ホワイトレースフラワー
学名Ammi majus
和名毒芹擬き(ドクゼリモドキ)
英名Bishop’s Weed
セリ科
ドクゼリモドキ属
原産地地中海沿岸地方~西アジア
開花期5月〜6月
草丈/樹高50~200cm

花名のレースフラワーは、とても小さな花があつまって咲いている姿がレースのように見えたことが由来です。

和名のドクゼリモドキは、その名前のまま、ドクゼリと外見が似ていることが由来となっています。また、このドクゼリは猛毒を含んでいるので注意が必要です。

主な花の種類

種類名特徴
クィーン・オブ・アフリカ標準タイプ。
アミ・ビスナガ花房が大きく、大きな渦を思わせるようなダイナミックな花を咲かせる。
グレースランド晩生種。

保存方法

タイプ
花持ち期間7日程度
出回り時期周年
耐寒温度3℃
耐寒性普通(半耐寒性)
耐暑性普通(高温多湿に弱い)
日照日照の多い温暖な気候
耐雨性普通
土質市販の草花用培養土
利用方法鉢植え

おわりに

ホワイトレースフラワーの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

ホワイトレースフラワーは花期が5月~6月と紹介したのですが、切り花ではほぼ周年出回っているので、フラワーアレンジなどでよく使われています。

また、別種にブルーレースフラワーという種類もあるのですが、レースフラワーと言うとホワイトレースフラワーのことを指すことが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました