コムラサキの花言葉と由来

コムラサキの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前コムラサキ
学名Callicarpa dichotoma
主な花言葉(日本)気品、知性、聡明
主な花言葉(海外)
誕生花11月15日
開花期6月〜8月

花名は『別種のムラサキシキブとよく似ている』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

コムラサキの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
気品、知性、聡明

花言葉の由来(日本)

ムラサキシキブは、秋に紫色の実をつけます。

紫は、昔の冠位十二階では最上位。その実に気品を見出し、源氏物語の作者である紫式部に例えて名付けられました。

このコムラサキの花は、その「ムラサキシキブ」という花にとてもよく似ています。

そのことから「気品」や「知性」の花言葉がついたのです。

花言葉のある名言(日本)

勇気とは、窮地に陥ったときにみせる、気品のことである。

ーアーネスト・ヘミングウェイ(小説家)

コムラサキの基本データ

花の名前コムラサキ
学名Callicarpa dichotoma
和名小紫
英名Purple beautyberry
クマツヅラ科
ムラサキシキブ属
原産地日本、中国、韓国
開花期6月〜8月
草丈/樹高1.5~2m

和名の小紫は、紫式部という花によく似ていることからつけられました。また、名前に「小」がつくことから紫式部よりも小さいと思われがちですが、実際は見た目の大きさにほぼ差がありません。若干小紫が小さい程度です。

学名は、属名であるCallicarpa(カリカルパ)は、ギリシア語のcallos(美しい)とcarpos(果実)が合わさって名付けられました。ちなみに、種小名のdichotoma(ジホトーマ)は、二股になったという意味です。

主な花の種類

種類名特徴
シロシキブ白い実をつけるのが特徴。
こちらは秋になっても実が紫色に変化しない。花も白色をしている。
オオムラサキシキブムラサキシキブやコムラサキと比べて葉が大きいのが特徴。
実のよく密集するため、たわわなブドウがついているような見ためをしている。

保存方法

タイプ低木
花持ち期間1ヶ月
出回り時期6月~7月
耐寒温度0℃
耐寒性普通
耐暑性普通
日照明るめの日陰や半日蔭
耐雨性強い
土質保湿、通気性がよく、湿り気のある土
利用方法庭木、鉢植え

おわりに

コムラサキの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

このコムラサキの実は、実は食べることができます。小ぶりなブドウのような見た目でおいしそうですよね。

しかし、味はほのかに甘い程度であまり美味しくありません…。観賞用としてお庭を彩ってくれる植物です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました