ユウスゲの花言葉と由来

~ Taos on the Hemerocallis Thunbergii ~

ユウスゲの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ユウスゲ
学名Hemerocallis thunbergii
主な花言葉(日本)麗しき姿、媚態
主な花言葉(海外)
誕生花8月14日
開花期6月〜7月

花名は『夕方に咲きはじめ、翌朝には、閉じてしまう』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ユウスゲの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
麗しき姿、媚態 ー

花言葉の由来(日本)

ユウスゲは、山地に自生する山野草です。

夕方から咲いて、翌朝遅くには、閉じてしまう一日花。灯りのほとんどない山あいで、たくさんのユウスゲがほんのりと黄色の光を放ちます。

なかなか目にすることは出来ないですが、きっと幻想的ですよね。

ユリ科と言われるだけあって、少し甘い香りもするとか・・・暗闇のなか、”麗しき姿や香り”に誘われて虫たちも蜜を求めてやってくるようです。

なお、日本原産のため海外の花言葉はありません。

花言葉のある名言(日本)

耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し)

ー西郷隆盛(幕末志士)

ユウスゲの基本データ

Hemerocallis lilioasphodelus 7/2021 Lemon Daylily-
花の名前ユウスゲ
学名Hemerocallis thunbergii
和名夕菅(ユウスゲ)、禅庭花(ゼンテイカ)、黄菅(キスゲ)
英名
ユリ科
ワスレグサ属
原産地中国、日本
開花期6月〜7月
草丈/樹高100㎝~150㎝

和名の「夕菅」(ゆうすげ)は、葉が”カヤツリグサ科”の”スゲ属”に似て、花は夕方開いて、翌朝には、閉じてしまうことが由来です。

学名の”Hemerocallis”は、ギリシャ語の「日」(hemera)と「美しい」(kalos)に由来しています。

主な花の種類

種類名特徴
ユウスゲ本州、四国、九州に分布。背の高い茎に数個の黄色の花をつける。
夕方咲いて翌朝には、閉じてしまう1日花。花びらの先は、軽く反る。
ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)昼間咲いて夜に閉じる1日花。ユウスゲより背が低く、花の色がやや濃い。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間1日
出回り時期3月~5月、9月、10月(苗の植え付け)
耐寒温度0℃~-5℃
耐寒性普通
耐暑性普通
日照日なた~半日陰
耐雨性普通
土質水持ちと水はけの良い土
利用方法庭植え、鉢植え

おわりに

ユウスゲの花言葉と基本データの紹介でした。

ユリに似た小さめで控えめな感じのするユウスゲ。その山野草の「麗しき姿」を一目見ようと、苗から育てている人もいるみたいです。

初心者でも育てやすく、夏の夜の自宅の庭に咲くユウスゲを眺めるのもオススメです。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました