アカメヤナギの花言葉と由来

アカメヤナギの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前アカメヤナギ
学名Salix x leucopithecia
主な花言葉(日本)強い忍耐
主な花言葉(海外)
誕生花2月7日、12月7日
開花期4月〜5月
アイキャッチ引用元:Matt Lavin

花名は『若葉、新芽が赤みを帯びている』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

アカメヤナギの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
黄色強い忍耐

花言葉の由来(日本)

アカメヤナギは、根が腐りやすい水辺でも生きていけます。その理由は、土の中に酸素が少なくても、水に酸素が溶け込んでいれば呼吸ができるため。

言い換えれば、根っこだけではなく、切った枝を水に挿しておいても生きていけるってことなんですよね。状態が良ければ、切枝からでも発根できるのだそう。大変強い生命力です。

こうした過酷な状況でも生き延びようとする姿から、「忍耐強い」という言葉が付いたのだと言われています。

花言葉のある名言(日本)

忍耐は苦い。しかし、その実は甘い

ー野口英世(細菌学者)

アカメヤナギの基本データ

引用元:John Freshney
花の名前アカメヤナギ
学名Salix chaenomeloides
和名赤芽柳(あかめやなぎ)
英名japanese pussy willow/red bud pussy willow
ヤナギ科
ヤナギ属
原産地日本、朝鮮、中国など
開花期5月
草丈/樹高10~20m

若葉、新芽が赤みを帯びていることからアカメヤナギと名づけられました。

また、学名の『chaenomeloides』はボケ属に似ているという意味で、托葉部分がボケに近い形をしています。

主な花の種類

種類名特徴
アカメヤナギヤナギ属では、葉を広げたあとに花を付けるのはアカメヤナギだけ。花期は一番遅い。

※1種類のみのため無し

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間5日程度
出回り時期9月~11月
耐寒温度-25℃
耐寒性強い
耐暑性強い
日照屋外の日当たりのよい場所
耐雨性強い
土質湿った砂質の土を好む
利用方法庭(露地)植え、鉢植え

おわりに

国内では本州、四国、九州など幅広い場所に分布しており、河川や沼沢地などで見ることができます。

花柱はほとんど無く柱頭も小さいですが、小さな花が集まって咲くその姿はとてもかわいらしい形をしています。観賞用やプレゼントにも最適です。

忍耐強く頑張っている方や、ひたむきに努力されている方へぜひプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net
タイトルとURLをコピーしました