イチリンソウの花言葉と由来

イチリンソウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前イチリンソウ
学名Anemone nikoensis
主な花言葉(日本)追憶、久遠の美
主な花言葉(海外)真実、期待
誕生花4月19日
開花期4月〜5月

花名は『ひと株に一輪ずつ花を咲かせる』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

イチリンソウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
追憶真実、期待
薄ピンク久遠の美希望

花言葉の由来(日本)

白く、素朴でクラシックな花の印象から昔の記憶や郷愁を誘われます。

また、時を経ても変わらない永遠の美しさを連想させることから「追憶」「久遠の美」の花言葉が生まれました。

日本固有種ですが、アネモネつながりで海外の花言葉も存在しています。

花言葉のある名言(日本)

人間の脳裏の追憶というものは、事実として記憶されるよりも、詩として記憶されるものかもしれない。

ー司馬遼太郎(作家)

花言葉の由来(海外)

白色のイメージとして、清楚な印象がありますよね。花言葉も「真実」や「期待」など、色合いから連想されたものが多いです。

アネモネ全体で見ても、誰かを想うような花言葉が多くあるのですが、白色のアネモネに関しては「誰か」に限定しないキーワードというのがミソ。

自分の周りにいる人たちすべてをクリアーにする意志が込められています。

花言葉のある名言(海外)

自分を変えたいという希望は、誰でも持つものだが“変わる”のではなく、個性を磨いて“成長”していくんだ

ーリチャード・H・モリタ(米国オリソン・マーデン財団理事)

イチリンソウの基本データ

花の名前イチリンソウ
学名Anemone nikoensis Maxim
和名一輪草
英名Anemone nikoensis
キンポウゲ科
イチリンソウ属
原産地日本
開花期4月〜5月
草丈/樹高20~30cm

学名はギリシャ語の「anemos(風)」に由来します。アネモネの一種ですね。

一株に一輪だけ花をつけることから、一輪草と呼ばれます。

主な花の種類

種類名特徴
ニリンソウ春に萼花弁が白い花を数輪咲かせる
サンリンソウニリンソウに似る。葉に葉柄がある
キクザキイチゲ大輪で萼花弁が多い。白、ピンク、紫
アズマイチゲ多弁の菊咲き
ユキワリイチゲ淡い藤色の多弁の花
ヒメイチゲ本州中部以北の山地や亜高山帯で咲く小型種

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間1週間
出回り時期3月
耐寒温度-5℃
耐寒性普通
耐暑性普通
日照半日蔭
耐雨性普通
土質通気性、水はけよいもの
利用方法庭、鉢植等

おわりに

イチリンソウの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

素朴で清楚な日本の固有種です。半日蔭で育てるのがよいので、庭木の下のグランドカバーなどにも重宝します。春の訪れを感じられる花のひとつと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました