カラスウリの花言葉と由来

カラスウリの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前カラスウリ
学名Trichosanthes cucumeroides
主な花言葉(日本)良い便り、誠実、男嫌い
主な花言葉(海外)
誕生花8月24日、10月7日、11月11日、11月20日
開花期7月〜8月

カラスウリの花名の由来は諸説あります。

近年では葉が大きく生育が早いため「他の植物に絡みついて枯らす瓜からカラスウリ」となった説が有力です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

カラスウリの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
良い便り、誠実、男嫌い

花言葉の由来(日本)

カラスウリはとても短い時間しか咲かないお花。

咲いている状態を確認することができるのはとても珍しく、見ることができると幸運があるという迷信があったようです。

そこから「良い便り」という花言葉に転じました。

また「男嫌い」は、受粉の難しさからきています。カラスウリの花は奥行きが深く、すぐに枯れてしまうため、受粉がとても難しいのです。

なお、日本固有の植物であるため、海外の花言葉はありません。

カラスウリの基本データ

花の名前カラスウリ
学名Trichosanthes cucumeroides
和名カラスウリ
英名Japanese snake gourd
ウリ科
カラスウリ属
原産地日本、中国
開花期7月〜8月
草丈/樹高2m~3m

学名はギリシャ語で「毛」と「花」を組み合わせたものが由来です。

毛というのはカラスウリの花の縁部が糸状に細裂し、その特徴的な姿を作るところからきています。

主な花の種類

種類名特徴
カラスウリ夏の日暮れから明け方までしか咲かない珍しい花。その種も特徴的な形をしており「大黒天の打ち出の小づち」に似ていることから縁起物として利用される。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間10時間程度
出回り時期8月~12月
耐寒温度
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日向、半日蔭
耐雨性普通
土質保水性の良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

カラスウリの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

最近では緑のカーテンとして育てる人もいるカラスウリ。一度見ると忘れられない姿のお花はもちろん、秋ごろにつける赤い実もカワイイです。

お庭の色どりに、ぜひ栽培してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました