フランネルフラワーの花言葉と由来

フランネルフラワーの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前フランネルフラワー
学名Actinotus helianthi
主な花言葉(日本)高潔、誠実、いつも愛して
主な花言葉(海外)高潔(purity)
誕生花2月2日、5月13日、6月18日
開花期4月~6月、9月~11月

花名は『花や葉が毛織物のフランネルのような触感』であることが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

フランネルフラワーの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
高潔、誠実、いつも愛して高潔(purity)

花言葉の由来(日本)

フランネルフラワーは、少し緑がかったとても綺麗な白い花を咲かせます。

白という色は「高潔」や「誠実」を表すとされ、フランネルフラワーの花言葉もそこからきています。

また、フランネルフラワーは4月~6月、9月~11月と開花期がとても長く、それぞれの花も開花してから枯れるまでの花持ちが良いのが特徴です。

真っ白な愛らしい花が長期間咲いていることから「いつも愛して」という花言葉が生まれました。

花言葉のある名言(日本)

人間の真の誠実は、たとえば礼儀正しさと同じように、小さなことに対するその人の態度にあらわれる。

ーカール・ヒルティ(哲学者)

花言葉の由来(海外)

フランネルフラワーの海外での花言葉も「高潔(purity)」というものです。

フランネルフラワーはオーストラリア原産で、植民地時代から絵画などに描かれているほど国民にとって身近な植物です。

また、近年ではオーストラリア国民のメンタルヘルス意識を高めるためのシンボルとしてこの花が選ばれました。

オーストラリアの厳しい天候の変化にも順応し、力強く咲くフランネルフラワーの高潔さを称えてのことなのだそうです。

花言葉のある名言(海外)

貴人はたとえ不幸に見舞われようとも、行いはことのほか高潔である。火はいくら下に向けても、炎は上に燃え上がる。

ーサキャ・パンディタ(宗教家)

フランネルフラワーの基本データ

花の名前フランネルフラワー
学名Actinotus helianthi
和名フランネルフラワー
英名Flannel flower
セリ科
アクチノータス属
原産地オーストラリア
開花期4月~6月、9月~11月
草丈/樹高30cm~100cm

名前の「フランネルフラワー」は、花や葉に生えた細かい毛がフランネル(ネルシャツの素材)の感触に似ていることからきています。

学名の「Actinotus」はラテン語で「車輪」を意味し、花の形が車輪の軸に似ていることからつけられました。

「helianthi」はラテン語で「ヒマワリに似た」という意味で、フランネルフラワーの花がヒマワリに似ていることが由来です。

主な花の種類

種類名特徴
フェアリー・ホワイトコンパクトで鉢植えで育てやすい品種。
花びらのふちが緑色になる。
エンジェル・スターフェアリー・ホワイトより花がひとまわり小さいが、
花着きは極めて多い。
ファンシー・スノー秋咲きの品種。
切り花用で、草丈が100cmほどになる。
フェアリー・ムーンフェアリー・ホワイトに準ずる新しい品種。
花がクリーム色になる。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間一週間程度
出回り時期9月〜1月
耐寒温度10℃
耐寒性弱い
耐暑性やや弱い
日照日当たりの良い所
耐雨性雨を避けられる場所が好ましい
土質水はけがよい酸性の土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

フランネルフラワーの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

「高潔」「誠実」「いつも愛して」と、どれもポジティブな意味の花言葉ですね。

そのためフランネルフラワーは結婚式のウエディングブーケにもよく使われます。

大切な記念日のプレゼントにもお勧めですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました