オレンジの花言葉と由来

starr-150301-0356-Citrus_sinensis-Washington_navel_flowers-Hawea_Pl_Olinda-Maui

オレンジの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前オレンジ
学名Citrus sinensis
主な花言葉(日本)純粋、愛らしさ
主な花言葉(海外)純粋(purity)、愛らしさ(loveliness)
誕生花9月7日
開花期4月〜6月

花名は『香り高い』ことを意味するインドのサンスクリット語「narangah」が由来です。

サンスクリット語の「narangah」がスペイン語で「naranja」→ラテン語で「auranja」→フランス語で「orenge」と変化していき、最終的に英語の「orange」となりました。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

オレンジの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
純粋、愛らしさ純粋(purity)、愛らしさ(loveliness)

花言葉の由来(日本)

日本での花言葉は「純粋」「愛らしさ」と、海外のものと一緒です。海外からオレンジが輸入されるようになった際、一緒に花言葉も入ってきました。

オレンジの純白で星形の可愛らしい花は、匂いを嗅ぐととても甘くていい香り。

この花はハーブティーやアロマオイルにも使われ、含まれているフラボノイドという成分がリラックス効果をもたらすのだとか。

愛らしいオレンジの花は、見た目でも香りでも人々を癒してくれるんですね!

花言葉のある名言(日本)

愛らしさのない美は、餌のない釣り針である。

ーラルフ・ワルド・エマーソン(哲学者)

花言葉の由来(海外)

西洋の結婚式では、花嫁がオレンジの花を髪飾りに使うことがよくあります。

ギリシャ神話で全知全能の神ゼウスが結婚する際、新婦である女神ヘラにオレンジの花を贈ったという伝説が起源です。

オレンジの純白で可憐な花と、女神ヘラの美しさを称えて「純粋」「愛らしさ」といった花言葉がつけられました。

花嫁の穢れのない純粋さを引き立てる、真っ白なオレンジの花。咲く時期は限られますが、最近ではロウワックスで作られた造花が使われたりもするようですよ。

花言葉のある名言(海外)

恋とは、我々の魂の最も純粋な部分が未知のものに向かって抱く聖なる憧れである。

ージョルジュ・サンド(作家)

オレンジの基本データ

starr-150301-0357-Citrus_sinensis-Washington_navel_flowers-Hawea_Pl_Olinda-Maui
花の名前オレンジ
学名Citrus sinensis
和名甘橙
英名Orange
ミカン科
ミカン属
原産地インド
開花期4月〜6月
草丈/樹高1.5m〜3m

和名の「甘橙」は、その名の通り「甘い橙(だいだい)」という意味。

橙もミカン科ミカン属の植物で、日本では「代々子孫が繁栄しますように」との願いを込めて正月に鏡餅の上にお供えします。

学名の「Citrus」は「柑橘類」、「sinensis」は「中国の」という意味の言葉です。

主な花の種類

種類名特徴
バレンシアオレンジ世界中で一番多く栽培されているオレンジ。
「オレンジ」というと大抵これを指すことが多い。
ネーブルオレンジネーブルとは「へそ」という意味で、底の部分がくぼんでいるのが特徴。
甘みが強くタネもほとんど無いので食べやすい。
ブラッドオレンジ名前は真っ赤な果肉がまるで血のようにみえることから。
赤い色の成分はアントシアニン。

保存方法

タイプ果樹
花持ち期間5日程度
出回り時期通年
耐寒温度0℃
耐寒性やや弱い
耐暑性強い
日照日当たりの良い所
耐雨性普通
土質水はけの良い所
利用方法庭木、鉢植え

おわりに

オレンジの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

普段何気なく食べているオレンジですが、花には結婚式にまつわる素敵なエピソードがあったのです!オレンジはたくさん実をつけることから、橙と同じく子孫繁栄の象徴でもあります。

新婚カップルへのお祝いにオレンジの鉢植えをプレゼントすると喜ばれるかもしれませんね。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました