スイセンノウの花言葉と由来

スイセンノウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前スイセンノウ
学名Sillene coronaria(Lychnis coronaria)
主な花言葉(日本)いつも愛して
主な花言葉(海外)私の愛は不変
誕生花6月18日、8月19日、8月26日
開花期5月〜7月

花名は『茎の先に一つだけ咲く赤い花を、酔っぱらった仙人の顔に例えた』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

スイセンノウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
愛、恍惚
ピンク好感ときめき
名誉ユーモア

花言葉の由来(日本)

スイセンノウは南ヨーロッパ原産種で、江戸時代に日本へ渡来しました。

一つの花の開花日数は3日程度ですが、枝分かれさせた茎先に次々と花を咲かせるため、長く開花期間を楽しむことができます。

花言葉の「いつも愛して」は、そんなスイセンノウの様子に由来しています。

花言葉のある名言(日本)

人間には「愛」がありさえすれば、幸福なんてなくたって生きていけるものだ。

ーフョードル・ドストエフスキー(小説家、思想家)

花言葉の由来(海外)

海外のスイセンノウは日本と近い印象ではあるものの、その姿勢はより積極的なものになります。

白やピンク等いくつかのバリエーションはありますが、元々の花色は赤が多いスイセンノウ。

英名「rose campion(ローズ キャンピオン)」には「バラの様な赤い花」の意味が込められています。

一つの花が萎んでも、次から次へと新たに花開き続ける姿から「私の愛は不変」との花言葉が付けられています。

花言葉のある名言(海外)

愛してさえいれば、それは無限を意味する。

ーウィリアム・ブレイク(詩人、画家)

スイセンノウの基本データ

花の名前スイセンノウ
学名Sillene coronaria(=Lychnis coronaria)
和名酔仙翁
英名rose campion
ナデシコ
シレネ(=センノウ)
原産地南ヨーロッパ
開花期5月〜7月
草丈/樹高60cm~100cm

和名は、全ての茎の先に一つだけ赤い花を咲かせる花姿を、酒に酔い赤くなった仙人の顔に見立てて「酔仙翁(すいせんのう)」と名付けられました。

この花の面白い特徴は、葉や茎がビロードのような手触りであること。

シルバーカラーの葉や茎には白い細毛が生えており、別名フランネル草と呼ばれています。

尚、学名については古いものと新しいものの二つが存在している模様です。

当初用いられていたのはナデシコ科センノウ属「Lychnis coronaria(リニクス コロナリア)」でしたが、現在はナデシコ科シレネ属「Sillene coronaria(シレネ コロナリア)」へと統合されています。

「Lychnis(リニクス)」はギリシア語の「Lychnos(炎・ランプ)」「coronaria(コロナリア)」は「花冠のような」の意味で、賑やかに咲く様と、スイセンノウの葉をランプの灯心として利用していたことに由来するようです。

また、「Sillene coronaria(シレネ コロナリア)」は「sialon(唾液)」と「coronaria(花冠のような)」の意味からなり、スイセンノウが分泌液を出す植物であることを示しています。

学名の由来は他にも諸説あり、花の見た目を「Silenes(ギリシア神話に登場する酒の神バッカスの養父、シレネス)」が酒に酔って泡を吹いた姿に例えたのではないか、ともいわれています。

主な花の種類

種類名特徴
アポッツウッド・ローズ鮮やかな赤い花を咲かせるベーシックな品種。
アルバ花色が白の品種。
エンジェル・ブラッシュ花色が、白に中心がピンクの複色タイプ。
ガーデナーズ・ワールド花色は深い紅色。
八重咲きの珍しい品種。

保存方法

タイプ多年草(二年草扱い)
花持ち期間
出回り時期4~5月頃
耐寒温度0℃
耐寒性強い
耐暑性普通
日照通年日向
耐雨性弱い
土質多湿を嫌い、水はけの良い土を好む
利用方法ロックガーデン、花壇、鉢植え

おわりに

スイセンノウの花言葉にまつわる由来や意味と基本データの紹介でした。

シルバーの葉茎に赤や白、ピンクの花が可愛いらしいスイセンノウは切り花の他、イングリッシュガーデンにもオススメです。

夏の高温多湿な環境が苦手なので注意が必要ですが、あまり手がかからず栽培しやすい品種といえるでしょう。

一つの茎に一つの花しか咲かないので、適切に育てれば長く花を楽しむことができますよ。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました