サフィニアの花言葉と由来

サフィニアの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前サフィニア
学名Petunia×atkinsiana Surfinia Group
主な花言葉(日本)咲きたての笑顔
主な花言葉(海外)
誕生花5月18日
開花期4月〜10月

花名は『Surfing×petunia 波打つように広がるペチュニアの改良品種である』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

サフィニアの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
微笑   ―
眩しい笑顔   ―
純粋   ―
ピンク優しさ   ―
咲きたての笑顔   ―

花言葉の由来(日本)

サフィニアはペチュニアの改良品種で、日本で開発されました。ペチュニアより小ぶりな花を次々と咲かせ、波打つようなボリュームのある花姿になります。

まさに「咲きたての笑顔」の花言葉がぴったりですね。

ちなみに、この花言葉はサフィニアが発売されて20周年で公募されて決定したもの。言い伝えから決まる言葉が多い中、公募で決まるのも珍しいですよね。

花言葉のある名言(日本)

気持ちいい笑顔ほど魅力的なものはないな。

ーチャールズ・M・シュルツ(漫画家)

サフィニアの基本データ

花の名前サフィニア
学名Petunia×atkinsiana Surfinia Group
和名サフィニア
英名Surfinia
ナス科
ツクバネアサガオ属
原産地日本
開花期4月〜10月
草丈/樹高20~30cm

1989年に日本で開発されたペチュニアの園芸品種です。

地を這って波打つように広がることからSurfing×Petuniaのサフィニアと名付けられました。

主な花の種類

種類名特徴
サフィニア定番の品種
サフィニアアート花びらに星型やハートが入る
サフィニアマックス最大の株張りとボリューム感
サフィニアブーケこんもりしてまとまりのよい花
サフィニアフリル八重咲の花

保存方法

タイプ非耐寒性多年草
花持ち期間3~5日
出回り時期4~10月
耐寒温度5℃
耐寒性弱い
耐暑性普通
日照好む
耐雨性弱い
土質水はけの良い土
利用方法鉢植え、グランドカバー

おわりに

サフィニアの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

春先から秋まで、長い期間を色鮮やかに咲き続けるサフィニア。咲き終わったら切り戻しすることで再度楽しめます。

ボリュームがあり咲きこぼれるので、高さのある鉢やハンギングバスケットにして飾ると、素敵な空間が演出できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました