サボテンの花言葉と由来

サボテンの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前サボテン
学名Cactaceae
主な花言葉(日本)燃える心、枯れない愛、偉大
主な花言葉(海外)忍耐、燃えるような愛、雄大、優しさ
誕生花7月16日、7月29日、8月20日、8月21日、12月10日(シャコバサボテン)
開花期種類による

花名は、サボテンを日本に持ち込んだポルトガル人やスペイン人が、サボテンの樹液を「シャボン(石鹸)」として利用していたことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

サボテンの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
ピンク一時の美美しい眺め
偉大情熱

花言葉の由来(日本)

サボテンは種類ごとに花言葉を持っています。

しかし、全てのサボテンに通じる花言葉は「枯れない愛」や「燃える心」です。

サボテンは暑く乾燥した砂漠に育つ植物。

誰にとっても厳しい環境でも、力強く育っているサボテンの様子からそういった花言葉が付いたのでしょう。

花言葉のある名言(日本)

私ほど偉大になると、謙遜するのが難しい。

ーモハメド・アリ(元プロボクサー)

花言葉の由来(海外)

サボテンが花を咲かせる理由は、子孫を残すため。

棘がありますが、咲かせる花はカラフルで可愛らしいものばかりです。

そういったところから「優しさ」や「雄大」といった花言葉が付いたのでしょう。

またサボテンは恐竜のいた時代から育っていたといわれています。

強い生命力ゆえ、「忍耐」という花言葉も付いたのでしょうか。

贈り物にもよさそうですね。

花言葉のある名言(海外)

忍耐ができる人は、欲しいものを手に入れることができる。

ーベンジャミン・フランクリン(政治家・科学者)

サボテンの基本データ

花の名前サボテン
学名Cactaceae
和名仙人掌
英名Cactus
サボテン科
サボテン属
原産地南北アメリカ大陸
開花期周年
草丈/樹高5cm~10m

和名は当て字で、仙人の掌に見えることから「仙人掌」と名付けられました。

また学名は、ギリシャ語で「kaktos(棘のある植物)」に由来していると言われています。

主な花の種類

種類名特徴
クジャクサボテン花を楽しむためのサボテン。
赤やピンク、オレンジなどの鮮やかな花を咲かせるが、1日で花が枯れてしまうのが特徴。
月下美人夜に豪華な白い花を咲かせるサボテン。
シャコバサボテン木の上に根を張るの珍しいサボテン。
ギザギザした葉っぱが連なる姿が特徴。
ウチワサボテンメキシコ原産で、食べることのできるサボテン。
平たく丸い茎が特徴。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間種類による
出回り時期種類による
耐寒温度‐15度
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日当たりのいいところで、直射日光は避ける
耐雨性弱い
土質水はけの良い土を好む
利用方法鉢植え

おわりに

サボテンの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

サボテンは月に2回ほど水やりをすれば、問題なく育ちます。

手軽に育てられるので、室内観賞用としても人気ですね。

種類ごとにも花言葉があるので、ピッタリの花言葉を選んでプレゼントするのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました