ベゴニアの花言葉と由来

ベゴニアの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ベゴニア
学名Begonia semperflorens
主な花言葉(日本)片想い、愛の告白、親切、幸福な日々
主な花言葉(海外)愛、ロマンス、芸術性、創造性、純粋、幸福
誕生花10月18日、11月29日
開花期周年(種類による)

花名は『アンティル諸島の総督「Michel Begon」の名にちなんで付けられた』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ベゴニアの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
公平、愛の告白愛、ロマンス
片想い情熱、芸術性、創造性
親切純粋、無邪気さ
片想い情熱、芸術性、創造性
繁栄、永遠の栄え、幸福な日々幸福、富、満足
ピンク丁寧、親切愛、ロマンス
オレンジ繁栄、永遠の栄え、幸福な日々幸福、満足

花言葉の由来(日本)

ベゴニアは種類がとても豊富で、日本でよく見るベゴニアは「センパフローレンス」という品種です。

「愛の告白」という花言葉は、ベゴニアの葉がハートのような形状に見えることに由来していると言われています。

また、葉っぱの左右の大きさが異なる様子から「片想い」という花言葉が付けられたようです。

花言葉のある名言(日本)

愛をうまく告白しようとか、自分の気持ちを言葉で訴えようなんて、構える必要はない。

きみの体全体が愛の告白なのだ。

ー岡本太郎(芸術家)

花言葉の由来(海外)

海外では、ベゴニアは花を楽しむだけでなく、花や葉っぱをサラダに入れて食べる文化もあるようです。

医学的根拠は不明ですが、薬用としてベゴニアを利用する人もいるとも言われています。

ベゴニアの花言葉は、ほとんどが花色に由来していて、色から連想される花言葉が付けられたようです。

花言葉のある名言(海外)

人の一生は短い。

君の人生はもうほとんど終わりに近づいているのに、君は自分に尊敬をはらわず、君の幸福を他人の魂の中に置くことをしているのだ。

ーマルクス・アウレリウス(皇帝)

ベゴニアの基本データ

花の名前ベゴニア
学名Begonia semperflorens
和名四季咲きベゴニア
英名Perpetual begonia
シュウカイドウ科
シュウカイドウ属
原産地ブラジル
開花期周年(種類による)
草丈/樹高10cm~40cm

和名の四季咲きベゴニアは、一年通して花を咲かせていることに由来しています。

学名のBegonia semperflorensは、アンティル諸島の総督「Michel Begon」の名にちなんで付けられたことが由来です。

主な花の種類

種類名特徴
エラチオールベゴニア白や黄、ピンクなど花色が豊富な園芸品種。
一重咲きや八重咲きなど、形や大きさも豊富。
クリスマスベゴニア赤やピンクなどの花色がある交配種。
別名はローレンベゴニア。
ベゴニア・センパフローレンス赤や白、ピンクなどの花色がある品種。
四季咲きベゴニアとも呼ばれ、日本では一般的なベゴニアである。
センパフローレンスベゴニアのなかでは、最もポピュラーな品種。
暖地では、冬越しさせることもできる。
アンバサダー花色が豊富な四季咲きの交配品種。
生育の差が少なく、開花期がぶれにくいのも特徴。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間良い
出回り時期周年
耐寒温度10℃程度
耐寒性弱い
耐暑性やや弱い
日照日向、半日陰
耐雨性やや弱い
土質水捌けのよい土
利用方法鉢植え、花壇

おわりに

ベゴニアの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

形状や花色などの種類が豊富なので、「これもベゴニアなの?」という新しい発見を体験できる花だと思います。

寒さに弱いことには注意しなければいけませんが、四季咲きなので一年通して楽しめるのもいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました