サンダーソニアの花言葉と由来

サンダーソニアの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前サンダーソニア
学名Sandersonia
主な花言葉(日本)望郷、祈り、愛嬌
主な花言葉(海外)望郷、祈り
誕生花5月26日、11月28日
開花期6月~7月

花名は、スコットランド出身の植物学者ジョン・サンダーソンが発見したことが由来とされています。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

サンダーソニアの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
オレンジ望郷、祈り、愛嬌望郷、祈り

花言葉の由来(日本)

オレンジ色の提灯型の花がいくつか連なって咲いている、サンダーソニア。

そんな容姿から「愛嬌」という花言葉がつきました。

控えめな割にインパクトがあるサンダーソニアは、生け花などにも人気の花です。

1年中手に入れることができる珍しい花でもあるので、花束にして贈ってもいいですね。

花言葉のある名言(日本)

真面目に恋をする男は、恋人の前では困惑したり拙劣であり、愛嬌もろくにないものである。

ーカント(哲学者)

花言葉の由来(海外)

スコットランド出身の植物者ジョン・サンダーソンが南アフリカへ入植し、サンダーソニアを発見したと言われています。

サンダーソンは母国であるスコットランドが恋しかったのでしょうか。

今みたいに簡単に里帰りはできなかったでしょうし、家族のことも恋しくなりそうですよね。

そういったサンダーソンの想いから「望郷」や「祈り」が付いたとされています。

花言葉のある名言(海外)

沈黙の果実は祈りである。

ーマザー・テレサ(ノーベル平和賞受賞者)

サンダーソニアの基本データ

花の名前サンダーソニア
学名Sandersonia Hook
和名提灯百合(チョウチンユリ)
英名Christmas bells
ユリ科(イヌサフラン科の場合もある)
サンダーソニア属
原産地南アフリカ
開花期6月~7月
草丈/樹高50cm~70cm

和名は「提灯百合(チョウチンユリ)」です。提灯のような花の容姿から名づけられました。

また学名の「Sandersonia」は、発見者であるスコット人植物学者ジョン・サンダーソンの名前から付けられたとされています。

主な花の種類

種類名特徴
サンダーソニアオレンジ色の提灯型の花が特徴。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間5日~10日程度
出回り時期1年中(特に6月~10月)
耐寒温度‐5℃
耐寒性やや強い
耐暑性強い
日照日当たりのいいところ
耐雨性普通
土質水はけの良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

サンダーソニアの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

オレンジ色が鮮やかなサンダーソニアを見ると元気をもらえますが、その花言葉を知ってみると少し切ない気もします。

なかなか里帰りができないとき、代わりにこの花束を贈ってみてもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました