アオモジの花言葉と由来

アオモジの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前アオモジ
学名Litsea cubeba
主な花言葉(日本)友人が多い
主な花言葉(海外)才色兼備
誕生花
開花期3月〜4月

花名は『枝が緑色を帯びている』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

アオモジの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
淡黄色友人が多い才色兼備

花言葉の由来(日本)

一つの枝に、鈴なりのようにたくさんの花がつく事から、「友人」が多いという花言葉が付いたようです。たくさんの友人に囲まれて、仲良く過ごすようなイメージでしょうか。

爪楊枝の材として使われ、フラワーアレンジの花材としてもよく用いられています。

花言葉のある名言(日本)

友人を得る唯一の方法は、自分がその人の友人になることである

エマーソン (思想家)

花言葉の由来(海外)

花は美しく、フラワーアレンジメントに用いられる上に、実も有用。エッセンシャルオイルや食品の香料などが作られます。また森林の復元の際、パイオニア種としても活用されていました。

レモンのような良い香りでヒトを癒し、植樹によって自然も癒すことができるのですから、「才色兼備」の花言葉はぴったりですよね。

花言葉のある名言(海外)

花も実もある(外観も美しく、内容も充実している事)

ー故事ことわざ

アオモジの基本データ

アオモジの花言葉と由来
花の名前アオモジ
学名Litsea cubeba
和名青文字
英名Litsea cubeba
クスノキ科
ハマビワ属
原産地日本
開花期3月〜4月
草丈/樹高3m~5m

同じクスノキ科のクロモジに比べて、枝の色が緑色を帯びていることからアオモジと呼ばれています。

また、葉や小枝に芳香がある事から、ショウガノキやコショウノキとの呼び名も。

学名の「Litsea(リトシー)」は、落葉樹から常緑低木で高さ4m~15mの小さな木で、伝統医学でよく利用されています。

主な花の種類

種類名特徴
アオモジ一つの枝に複数の花がまとまって咲く

保存方法

タイプ落葉小高木
花持ち期間2週間
出回り時期1~4月
耐寒温度1℃
耐寒性弱い
耐暑性強い
日照日当たりのよい場所
耐雨性普通
土質水はけ、水もちのよい肥沃な土壌
利用方法庭木、公園樹

おわりに

アオモジの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

九州や沖縄、四国の暖かい所の植物ですが、東京でも育つようです。

フラワーアレンジのワンポイントとして使ってみるのもよさそうですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました