バイカウツギの花言葉と由来

バイカウツギの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前バイカウツギ
学名Philadelphus satsumi
主な花言葉(日本)回想、気品
主な花言葉(海外)
誕生花4月28日、5月18日
開花期6月〜7月

花名は『茎が中空で、梅に似た花を付ける』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

バイカウツギの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
回想、気品   ー

花言葉の由来(日本)

バイカウツギは初夏の花で、梅に似た白い花はとても気品があり、爽やかな印象を残します。

そして芳香があり、その香りが人の心の奥にある記憶を呼び起こし回想させることもある……それが花言葉の由来です。

なお、日本の在来種であることから、海外の花言葉はありません。

花言葉のある名言(日本)

過去へさかのぼりましょう。小さかったときに何に幸せを感じたのかをさがすの。

私たちはみんな成長した子ども。本当に・・・。だから人は回想し、愛したものや気付いた現実を探し求めるべきなのです。

ーオードリー・ヘップバーン(女優)

バイカウツギの基本データ

花の名前バイカウツギ
学名Philadephus satsumi
和名梅花空木
英名Satsuma mock orange
アジサイ科
バイカウツギ属
原産地日本
開花期6月〜7月
草丈/樹高2m

花が梅に似ていること、茎が中空になっていることから、梅花空木の名が付けられました。

サツマウツギ、フスマウツギとの別名もあります。しかし、薩摩(鹿児島県)では自生が確認されていません。

Philadelphusは、紀元前3世紀のエジプト王、プトレマイオス2世に捧げられたとも言われています。

主な花の種類

種類名特徴
ニッコウバイカウツギ葉の裏面に著しい毛がある
シコクウツギ愛知県以西に分布、花の中に毛がある
ベル・エトワールセイヨウバイカウツギ、花の中心に僅かに紅が入る

保存方法

タイプ落葉低木
花持ち期間4~5日
出回り時期6~7月
耐寒温度-5℃
耐寒性普通
耐暑性普通
日照日なた
耐雨性普通
土質肥沃な壌土質の土
利用方法庭木

おわりに

バイカウツギは、初夏の青葉に白い花を咲かせとても爽やかに目に映ります。

また、芳香があるのでそれも楽しめますね。庭木に一本あると、初夏の庭を明るく、より引き立たせてくれることでしょう。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net
タイトルとURLをコピーしました