ルドベキアの花言葉と由来

ルドベキアの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ルドベキア
学名Rudbeckia
主な花言葉(日本)正義、公正、あなたを見つめる
主な花言葉(海外)正義、公平性、励まし
誕生花7月11日、7月21日、7月31日、8月25日、9月5日、9月24日、10月14日
開花期6月〜10月

花名は『スウェーデンの植物学者である、ルドベック親子を讃えて命名された』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ルドベキアの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
黄色正義、公正正義
オレンジ立派、正しい選択公平性
あなたを見つめる励まし

花言葉の由来(日本)

花言葉は真面目な印象のものが多いです。

その中でも「立派」というものがありますが、これはルドベキアが夏の暑さに負けず美しく咲いていることに由来していると言われています。

また、ルドベキアの見た目はひまわりのように中心が黒く盛り上がっています。

それが瞳のように見えることから、「あなたを見つめる」という花言葉がつけられました。

花言葉のある名言(日本)

最善の策は正しいことを選ぶこと、次善の策は間違ったことを選ぶこと、
最悪の策は何もしないことを選ぶこと

ーセオドア・ルーズベルト(軍人、政治家)

花言葉の由来(海外)

海外の花言葉も日本の花言葉も、「正義」、「公平性」というような花言葉があります。

これは、ルドベキアの名前の由来となったスウェーデンの植物学者、ルドベックが非常に公正な人物であったことからつけられたと言われています。

花名の由来だけでなく花言葉の由来にもなっているんですね。

花言葉のある名言(海外)

神はいつでも公平に機会を与えてくださる。

ーアルベルト・アインシュタイン(物理学者)

ルドベキアの基本データ

花の名前ルドベキア
学名Rudbeckia
和名大反魂草
英名Coneflower
キク科
ルドベキア属
原産地北アメリカ
開花期6月〜10月
草丈/樹高30cm~150cm

和名の「大反魂草(おおはんごんそう)」は、ルドベキアが同じキク科の「反魂草」という花に似ており、さらに花が大きいことに由来しています。

学名「Rudbeckia(ルドベキア)」はスウェーデンの植物学者であるカール・フォン・リンネによって、オラウス・ルドベッグとその父を讃えて命名されました。

主な花の種類

種類名特徴
プレーリーサンその名前から連想されるように、色鮮やかな黄色の花を咲かせる。
乾燥に強く、人気のある品種。
トトコンパクトに咲き、オレンジ色の花を咲かせる。
見た目はひまわりによく似ており、多くの花が咲く。
ヒルタルドベキアの中で最もよく出回っている品種。
日本ではアラハンゴンソウとも呼ばれている。
チェリーブランデー少し黒みがかった赤い花を咲かせる種。
おしゃれなチェリーレッドが花壇によく映える。
タカオ小さめな花を咲かせ、中央の黒い部分が非常によく目立つ。
黄色と黒のコントラストが可愛らしく人気がある。

保存方法

タイプ一年草、二年草、多年草
花持ち期間1週間
出回り時期7月~10月
耐寒温度-5℃
耐寒性やや弱い
耐暑性強い
日照風通しが良く、日当たりの良い場所
耐雨性普通
土質水はけが良く、肥沃な土を好む
利用方法花壇、鉢植、切り花

おわりに

ルドベキアは非常に可愛らしく、どの品種も綺麗な色をしているので花壇に植えると彩りを添えてくれます。

丈夫で育てやすく開花している期間も長いため、育てるのにもおすすめです。

「公正」、「立派」といった花言葉があるので、人にも贈りやすい花です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました