ワトソニアの花言葉と由来

ワトソニアの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ワトソニア
学名Watsonia
主な花言葉(日本)豊かな心、知性
主な花言葉(海外)可憐さ、智恵
誕生花5月24日
開花期4月〜5月

花名は『植物学者の名前』が由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ワトソニアの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
知性可憐さ
情熱灼熱の愛
ピンク豊かな心智恵
オレンジ太陽乾いた大地

花言葉の由来(日本)

ワトソニアは南アフリカ原産のグラジオラスにやや似た花です。

佇まいは上品で、花色も様々あり高性種と矮性種がありその数は60種。その色や種類の豊かさが、花言葉の由来です。

色が豊かなところは、暖かな気候の南アフリカにぴったりですね。

花言葉のある名言(日本)

人と違ったって良いじゃない。決して変わらないで。

ーテイラー・スウィフト(シンガーソングライター)

花言葉の由来(海外)

改良されたグラジオラスに押され気味ではありますが、南アフリカの象徴的な花です。

花言葉にも、その土地のイメージを載せてありますね。

群生している様子は、見応えのあるとても美しいものでしょう。

花言葉のある名言(海外)

早く行きたければ一人で進め。遠くまで行きたければ皆で進め。

ーアフリカのことわざ

ワトソニアの基本データ

花の名前ワトソニア
学名Watsonia
和名檜扇水仙(ヒオウギズイセン)
英名Fragrant bugle lily
アヤメ科
ヒオウギズイセン属
原産地南アフリカ
開花期4月〜5月
草丈/樹高30~120cm

学名は、18世紀のイギリスの植物学者であるであるウィリアムワトソン卿に因んで付けられました。

ヒオウギズイセンの名は、ヒメヒオウギズイセン(クロコスミア)としばしば混同される為、だんだんと使われなくなりつつあります。

主な花の種類

種類名特徴
ワトソニア長い花茎に漏斗状の花を付ける、高性種と矮性種がある

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間1週間
出回り時期4月~5月
耐寒温度-5℃
耐寒性やや強い
耐暑性強い
日照日なた
耐雨性普通
土質水はけよい土
利用方法花壇、プランター、切り花

おわりに

ワトソニアは球根で、丈夫な半耐寒性の植物です。高性種、矮性種があるので、場所によって使い分けるとよいでしょう。春に華やかな花園を演出してくれますね。

和名のヒオウギズイセンよりも、ワトソニアの名前がよく使われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました