クリスマスブッシュの花言葉と由来

New South Wales Christmas bush (Ceratopetalum gummiferum)

クリスマスブッシュの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前クリスマスブッシュ
学名Ceratopetalum gummiferum
主な花言葉(日本)気品、清楚
主な花言葉(海外)柔軟、心変わり
誕生花2月25日、12月11日
開花期5月〜7月

花名は『クリスマス頃に花が赤くなる』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

クリスマスブッシュの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
気品、清楚柔軟、心変わり
純粋キリストの血

花言葉の由来(日本)

赤い花が咲くと思われがちなクリスマスブッシュですが、実は白く可憐な花も咲かせます。

白い花の様子はまさに「清楚」「気品」といった花言葉にぴったりです。

遠目に見るとカスミソウに似ている所も、花言葉に影響しているかもしれません。

花言葉のある名言(日本)

うまれながらの気品というやつ、おれにはそれが恐ろしい。

ーシェイクスピア(劇作家)

花言葉の由来(海外)

白は「柔軟」や「心変わり」などのふんわりとした花言葉である一方、赤色は「キリストの血」という変わった意味を持っていますね。

クリスマスブッシュの花は白色とご紹介しましたが、花が散ってしまうとガクが大きく見えて、きれいな赤色に染まったようになります。

ポインセチア系の赤い葉はキリストの血を意味し、その白い葉には”神の子”の純粋さを象徴している……なんて言い伝えもあるんだとか。

花言葉のある名言(海外)

柔軟性こそ生である。

ーブルース・リー(俳優)

クリスマスブッシュの基本データ

Ceratopetalum gummiferum
花の名前クリスマスブッシュ
学名Ceratopetalum gummiferum
和名クリスマスブッシュ
英名New South wales christmas bush
クノニア科
ケラトペタルム属
原産地オーストラリア
開花期5月〜7月
草丈/樹高1m~6m

学名は、「角のある花びら」と「樹皮から生み出される」の2つのギリシャ語に由来。

英名にはクリスマスブッシュが入っていますが、「クリスマス」に「ブッシュ」と言われると、ブッシュドノエルを思い出す方も多いのではないでしょうか。

ブッシュとは「薪」を意味しますが、クリスマスブッシュに関しては「クリスマスの植物」の意味となります。

英名にあるように、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の固有種です。

主な花の種類

種類名特徴
クリスマスブッシュクリスマスの時期には切り花として多く流通するが、多くは赤いガクが花のように見えているだけで花ではない。

保存方法

タイプ高木
花持ち期間10日程度
出回り時期11月~2月
耐寒温度
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日向
耐雨性普通
土質水はけが良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

クリスマスブッシュの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

クリスマスブッシュは花が終わってもガクが色づくことから一年を通しても長く楽しむことができるお花です。

お庭にも、鉢植えでインテリアにも、ブーケやアレンジメントにも万能に使うことができるのでクリスマスが近づいてきたら思い出してみてください。

お部屋がパッと明るくなるお手伝いをしてくれるはずです。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net
タイトルとURLをコピーしました