コルチカムの花言葉と由来

コルチカムの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前コルチカム
学名Colchicum
主な花言葉(日本)危険な美しさ、幸福
主な花言葉(海外)私の最良の日々は過ぎ去った、晴れた日は終わった、嫉妬
誕生花9月21日
開花期9月~10月

花名は、『Colchis(コルキス)』という黒海沿いの都市にたくさん咲いていたことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

コルチカムの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
危険な美しさ、幸福私の最良の日々は過ぎ去った、晴れた日は終わった、嫉妬

花言葉の由来(日本)

毒キノコと同じような毒をもつコルチカムは、誤って食べてしまうと死に至ることもある危険な植物です。

しかしそんな性質とは逆に、上品で艶やかな紫色の花を咲かせます。

花の見た目から「幸福」という花言葉が、花の性質から「危険な美しさ」という花言葉が付いたのでしょうか。

花言葉のある名言(日本)

希望──それ自体は幸福の一様態にしか過ぎない。

だが、ひょっとすると、現世がもたらし得る一番大きな幸福であるかもしれない。

ージョン・レノン(ミュージシャン)

花言葉の由来(海外)

一方海外では「私の最良の日々は過ぎ去った」や、「晴れた日は終わった」など少し切ない花言葉が多めです。

夏が終わると一気に空が曇り、どんよりとした日が続くヨーロッパ。秋に咲くコルチカムの花を見ると、夏の晴れ渡った空をみんなが思い出すそう。

そこから付いたと花言葉なので、少し切ない感じになってしまうのは納得ですね。

花言葉のある名言(海外)

最良なる預言者は、過去なり。

ーバイロン(詩人)

コルチカムの基本データ

花の名前コルチカム
学名Colchicum
和名犬サフラン
英名Meadow saffron
イヌサフラン科
イヌサフラン属
原産地ヨーロッパ、北アフリカ
開花期9月~10月
草丈/樹高15cm~20cm

和名は、スパイスなどに使われる『サフラン』と花が似ているのに、毒を持っているので役に立たないことから、「役に立たない」という意味を持つ「犬」が付き、「犬サフラン」になりました。

また学名の「Colchicum」は、コルチカムがたくさん咲いていた都市「Colchis(コルキス)」に由来しています。

主な花の種類

種類名特徴
コルチカム・オータム・ネーレ・アルバ白い花を咲かせるのが特徴。
ザ・ジャイアント一重先の紫色の大輪の花を咲かせるのが特徴。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間1週間程度
出回り時期9月~11月
耐寒温度‐15℃
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日当たりのいいところ
耐雨性普通
土質水はけの良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

コルチカムの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

白から紫へグラデーションしている花が美しいコルチカムは、猛毒を持っているので食べるのは厳禁です。

しかし秋の訪れをキレイな紫色の花で教えてくれるコルチカム、育ててみてもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました