クリンソウの花言葉と由来

Primula japonica

クリンソウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前クリンソウ
学名Primula japonica
主な花言葉(日本)幸運を重ねる、物思い
主な花言葉(海外)
誕生花3月10日、4月10日、6月13日
開花期4月〜6月

花名は『花が茎を中心に輪になって咲く姿が仏塔の九輪に似ている』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

クリンソウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
赤・ピンク・紫・白幸運を重ねる、物思い、覚えが早い

花言葉の由来(日本)

クリンソウはどの色でも、同じ花言葉となっています。花の見た目に由来しているものが多く、

  • 「幸運を重ねる」「覚えが早い」は、輪のようについた花が次々に咲いていく様子から
  • 「物思い」は、咲いた花がやや斜め下を向くことから

といった感じで名付けられています。

なお、日本固有のものであるため、海外の花言葉はありません。

花言葉のある名言(日本)

彼が頭に触れたり、微笑んでくれたり、物思いにふけっているだけで、わくわくさせてくれるの。

ーマリリン・モンロー(女優)

クリンソウの基本データ

primula_japonica_alba
花の名前クリンソウ
学名Primula japonica
和名クリンソウ
英名Japanese Primrose
サクラソウ科
サクラソウ属
原産地日本
開花期4月〜6月
草丈/樹高30㎝~90㎝

学名や英名にもあるように、日本原産のお花です。

学名の Primula は、ラテン語で「最初」を意味する単語の短縮形となります。

「最初の」とは、春先の早い時期に花が真っ先に咲くことです。割と単純ですね。

主な花の種類

種類名特徴
クリンソウサクラソウ科の中では大型の植物。スッと伸びた花茎に円形に重なって花がつくのが特徴。湿地に群生することで有名。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間二週間程度
出回り時期
耐寒温度-15℃程度
耐寒性強い
耐暑性やや弱い
日照日陰
耐雨性普通
土質保水性の良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

クリンソウの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

園芸品種の開発も行われているクリンソウですが、なかなか流通していません。

そのため贈り物としては難しいですが、特徴的な花の付き方や大きさ、美しさで人気のお花です。

もし見かけたら、お庭に迎え入れてみてはいかがでしょうか。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net
タイトルとURLをコピーしました