リナリアの花言葉と由来

リナリアの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前リナリア
学名Linaria bipartita
主な花言葉(日本)この恋に気づいて、乱れる乙女心
主な花言葉(海外)この恋に気づいて
誕生花3月5日、4月10日
開花期3月~7月

花名のリナリアは、ギリシャ語の「Linon(亜麻)」が語源で、葉っぱが亜麻に似ていることに由来しています。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

リナリアの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
ピンク・赤乱れる乙女心乱れる乙女心
幻想幻想
この恋に気づいてこの恋に気づいて

花言葉の由来(日本)

リナリアは金魚のような花を咲かせるキンギョソウに似ており、それより小ぶりなことから「姫金魚草」とも呼ばれます。

そんなリナリアの花言葉は「この恋に気づいて」や「乱れる乙女心」です。

これは乙女のような小ぶりな花の繊細さと可愛らしさにちなんで付けられたとされています。

花持ちがよく香りもいいので、おうちに飾るとおうちが華やかになっていいかもしれませんね。

花言葉のある名言(日本)

恋は限りない方法で私たちを喜ばせる。

ただし、私たちから平安を奪い去るということを除けば。

ージョン・ドライデン(イギリスの詩人・劇作家)

花言葉の由来(海外)

リナリアはヨーロッパなどに自生する品種で、春になると花壇などで見かけることのできる品種です。

そんなリナリアの花言葉は「この恋に気づいて」です。

この由来は日本のものと同様で、小ぶりな花を乙女に見立て、その花をいっぱい咲かせて人々の注意を引こうとしている点から付けられました。

寒さや暑さに強いため栽培もしやすく、観賞用としても人気の高い品種です。

花言葉のある名言(海外)

恋だけを、人は一途に想うておればよいものを。

ーオスカー・ワイルド(イギリスの劇作家・小説家)

リナリアの基本データ

花の名前リナリア
学名Linaria bipartita
和名姫金魚草(ヒメキンギョソウ)
英名Clovenlip toadflax, Linaria
オオバコ科
ウンラン属
原産地ヨーロッパ、北アフリカ
開花期3月~7月
草丈/樹高30cm~100cm

和名は「姫金魚草(ヒメキンギョソウ)」といいます。これは金魚のような花を咲かせるキンギョソウに似ていて、それよりも小型(姫)であることにちなみます。

また学名「Linaria(リナリア)」は、ギリシャ語の「linon(亜麻という植物)」が語源となっています。細長い葉の形が亜麻の葉と似ていることに由来します。

主な花の種類

種類名特徴
キャノン・J・ウェント草丈60〜70cmの高性種。
リナリア・マロッカナモロッコ原産。
鮮やかな花色が特徴。
グッピー形よくまとまり、扱いやすい。

保存方法

タイプ多年草、一年草(品種による)
花持ち期間5日~7日程度
出回り時期1月~6月(最盛期は4~5月)
耐寒温度5℃
耐寒性普通
耐暑性普通
日照日当たりのいいところ
耐雨性普通
土質水はけの良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

リナリアの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

小ぶりな花をたくさん咲かせるため、庭が華やかになると人気のリナリア。

花持ちがよく香りもいいため、切り花にしておうちに飾ったり、花束にして贈ったりと色々活用ができるのでオススメです。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net
タイトルとURLをコピーしました