ロウバイの花言葉と由来

ロウバイの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ロウバイ
学名Chimonanthus praecox
主な花言葉(日本)ゆかしさ、慈しみ、先導、先見
主な花言葉(海外)ゆかしさ、慈しみ、先導、先見
誕生花1月2日、1月21日
開花期12月〜2月

花名は『花びらが蝋(ろう)のような色である』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ロウバイの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
ゆかしさ、慈しみ、先導、先見ゆかしさ、慈しみ、先導、先見

花言葉の由来(日本)

ロウバイの花は12月という冬真っ只中の時期から咲き始めます。そして、雪の中では目立ちにくい黄色の花は、ひっそりと咲く奥ゆかしい印象を持たれることが多いのです。

花言葉の「ゆかしさ」は、そんなロウバイの咲いている姿から付けられた花言葉です。

花言葉のある名言(日本)

遊び心、というのは奥ゆかしい余裕、センスが良い独特のゆとり。

ー大前研一(平成維新の会設立者)

花言葉の由来(海外)

中国では、早春の画題になる代表的な4つの花の事を雪中四花(せっちゅうしか)と呼ぶのですが、その4つのなかにロウバイの花が入っています。

ロウバイは、冬に咲くと言われているウメよりもさらに早く咲き始めます。

花言葉の「先導」は、その早く咲き始める生体から付けられたものです。

花言葉のある名言(海外)

多数というものより気にさわるものはない。なぜなら、多数を構成しているものは、少数の有力な先導者の他には、大勢に順応するならず者と、同化される弱者と、自分の欲することすら分からずに従ってくる民衆とであるからだ。

ーヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(小説家)

ロウバイの基本データ

花の名前ロウバイ
学名Chimonanthus praecox
和名蝋梅
英名Wintersweet
ロウバイ科
ロウバイ属
原産地中国
開花期12月〜2月
草丈/樹高4m

ロウバイは中国から来た花なのですが、「蝋梅」という漢字は中国のままで日本語読みで「ロウバイ」という名前になりました。

他は、花びらの色が蝋のような色だったことが由来とされています。また、旧暦の12月である臘月(ろうげつ)に花を咲かせることも由来の一つとされています。

主な花の種類

種類名特徴
ソシンロウバイ内側中心部が紫色をしている黄花のロウバイに対して、やや大輪で全体が黄色。
満月大輪丸弁、早咲きで濃く澄んだ黄花。ソシンロウバイの実生から選抜された。

保存方法

タイプ低木
花持ち期間10日程度
出回り時期12月〜2月
耐寒温度0℃
耐寒性強い
耐暑性強い
日照庭植えは半日陰から日なたに植えつけ、春から夏までは日によく当てる
耐雨性強い
土質土質はあまり選ばないが、過湿に弱く、根腐れを起こして枯れやすいので、水はけのよい場所が適している。
利用方法庭植え

おわりに

ロウバイの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

ロウバイは香りがよく、生け花や庭木としての人気が高い植物です。小さい花が可愛らしく、どちらも眺めていると癒されますね。

ちなみに、海外の花言葉の由来で紹介した雪中四花は、ロウバイの他に梅、水仙、椿があります。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net
タイトルとURLをコピーしました