ドラセナの花言葉と由来

ドラセナの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ドラセナ
学名Dracaena
主な花言葉(日本)幸福、開運
主な花言葉(海外)幸福
誕生花12月1日、12月5日
開花期2月〜4月

花名は『ギリシア語で雌の竜を指す言葉』が由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ドラセナの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
幸福、開運幸福

花言葉の由来(日本)

日本では「幸福の木」として有名なドラセナはその花言葉も「幸福」です。

中華文化圏では金運を呼ぶとして縁起物として利用されます。

日本でも万年竹として縁起のいい植物として扱われています。

花言葉のある名言(日本)

人間は幸福な時には、ばかになっていってもいいのだ。神もゆるし給たまわん。

ー太宰治(作家)

花言葉の由来(海外)

海外での花言葉も「幸福」が多く使われています。

これはハワイで幸福の象徴として儀礼用の装飾に使用されたことから、今でも玄関などに飾る文化があるためです。

しかし、実際に利用される植物はドラセナによく似た別の植物であるため、誤った情報が広がり定着しているものと思われます。

花言葉のある名言(海外)

他の人を幸福にすることは、一番確かな幸福である。

ーアンリ・フレデリック・アミエル(哲学者)

ドラセナの基本データ

花の名前ドラセナ
学名Dracaena
和名万年竹
英名ドラセナ
キジカクシ科
ドラセナ属
原産地アフリカ亜熱帯
開花期2月〜4月
草丈/樹高30㎝~20m

名前の由来は前述したとおりです。竜の名前がつくのはドラセナ属に属する竜血樹(リュウケツジュ)が血のように赤い樹液を産出するためです。

日本で呼ばれることの多い万年竹はミリオンバンブーという名前でも流通しているのを見かけます。

これらは見た目が竹の様に見えるためついた名前です。

主な花の種類

種類名特徴
マッサンゲアナ幸福の木と呼ばれる品種。フレグランスとも呼ばれ強い芳香が特徴。
コンシンネ葉に赤みのある色が入るのが特徴。他にもカラフルな葉の種類があるため人気の品種。
サンデリアーナミリオンバンブーとして流通するものは大体この品種。英名でもラッキーバンブーと呼ばれるなど、手入れの仕方で見姿が竹にそっくりになる。

保存方法

タイプ低木
花持ち期間5日程度
出回り時期周年
耐寒温度0℃
耐寒性普通
耐暑性強い
日照明るい日陰
耐雨性普通
土質水はけの良い土を好む
利用方法庭園、鉢植え

おわりに

ドラセナの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

実は、ドラセナの花は多くても数年に一度しか咲きません。

観葉植物として人気の植物ですからインテリアとして育てていたら、ある日花が咲いてびっくりした!なんてこともあるようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました