クサボケの花言葉と由来

クサボケの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前クサボケ
学名Chaenomeles japonica
主な花言葉(日本)一目惚れ、平凡、早熟
主な花言葉(海外)
誕生花3月17日
開花期3月〜4月

花名は『ボケに似ているが、ボケよりも小さい』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

クサボケの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
一目惚れ、熱情
平凡

花言葉の由来(日本)

花が素朴で可愛らしいですよね。

このクサボケは日本の固有種で、本州や九州、四国の山地や斜面に花を咲かせます。

草むらで自信をあまり主張することなく、ひっそりと咲いている様から、この「平凡」の花言葉がつけられたそうです。

ひっそりと咲いているようで、草に映える鮮やかな赤色の花を咲かせている姿は、控えめだけどしゃんと筋が通っているかっこいい女性のようで憧れますね。

なお、日本固有の植物であるため、海外の花言葉はありません。

花言葉のある名言(日本)

最も平凡で単純なもののうちにも美がある。

ーアン・モロー・リンドバーグ(飛行家)

クサボケの基本データ

花の名前クサボケ
学名Chaenomeles japonica
和名草木瓜
英名Japanese quince
バラ科
ボケ属
原産地日本
開花期3月〜4月
草丈/樹高30cm~1m

和名の草木瓜は、同じ種である木瓜と似ているものの、それよりも小さい小低木であるため、この名前が付けられました。

学名は、このクサボケが日本の固有種でもあることから、そのまま「日本の木瓜」という名前になりました。

主な花の種類

種類名特徴
クサボケ常緑小低木。鎮静作用が複数あり、むくみや関節痛などの薬草として用いる。

保存方法

タイプ小低木
花持ち期間10日程
出回り時期3月〜4月
耐寒温度5℃
耐寒性普通
耐暑性普通
日照日当たりのいい場所
耐雨性普通
土質水持ちの良いもの
利用方法庭植え、鉢植え

おわりに

クサボケの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

このクサボケの果実は、薬用として使われていたそうです。熟したものを薬用酒にし、疲労回復に用いられていました。

自生できるくらい強い種でもあるので、ぜひ育ててみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました