クジャクサボテンの花言葉と由来

クジャクサボテンの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前クジャクサボテン
学名Epiphyllum spp.
主な花言葉(日本)幸せをつかむ、あでやかな美人
主な花言葉(海外)称賛、明るさ
誕生花5月31日、7月4日、12月14日
開花期5月〜6月

花名の由来は、花がクジャクの羽のように美しいためです。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

クジャクサボテンの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
儚い恋、儚い美称賛、忍耐、純粋
陽気愛、美
ピンクあでやかな美人女性らしさ、情熱
一途な恋名誉、価値
幸せをつかむ幸せ、明るさ

花言葉の由来(日本)

クジャクサボテンといえば、原産地でもあるメキシコの民族衣装を想像させる、赤や黄色の艶やかな花がよく知られています。その花のサイズはさまざまで、1輪で大人の掌よりも大きくなるものもあります。

またその大きな花びらの先端が内側に丸くなっているので、見ているこちらが吸い込まれるような錯覚も感じるようです。

ジャングルから届いた、未知のサボテン。心をつかまれてしまった人もきっと多くいたのでしょう。

「幸せをつかむ」の花言葉の由来は、ここから来ているのかもしれません。

花言葉のある名言(日本)

幸福は小鳥のようにうかまえておくがいい。できるだけそっと、ゆるやかに。小鳥は自分が自由だと思い込んでさえすれば、喜んでおまえの手の中にとどまっているだろう。

ーフリードリヒ・ヘッベル(詩人)

花言葉の由来(海外)

「称賛」の花言葉は、クジャクサボテンの育つ様子が由来となっているようです。

中米の生息地では、今でも野生のクジャクサボテンを岩の裂け目や、木の枝に見ることが出来ます。

しかし単に「育つ場所」を借りているだけで、寄生する木の栄養を奪い、害を与えているわけではないのです。

園芸用として人の手が加えられた種も、1年通して1回しかその姿を見せないものがほとんどです。その上、生長するまでに時間がかかります。ところが、楽しみにしていた艶やかな花を見ることができても、その寿命は、たった数日なのです。

そこから発せられる『美』は、「称賛」に価するほどの意味があるのでしょう。

花言葉のある名言 (海外)

人は批評してくれと言うが、称賛を欲しているだけである。 

ーサマセット・モーム(小説家)

クジャクサボテンの基本データ

花の名前クジャクサボテン
学名Epiphyllum spp.
和名孔雀仙人掌
英名Orchid cacutus
サボテン科
クジャクサボテン属
原産地メキシコ南部からアルゼンチン
開花期5月〜6月
草丈/樹高50㎝~100㎝

和名の「孔雀」は、まさしく花の様子がクジャクの羽のように美しく、「仙人掌」は、サボテンを表しています。

学名の「Epiphyllum spp.」については、”epi”(上)、”phyllum”(葉)の意味で花が葉の上に咲くという意味です。実際は、葉のように思われている部分は水分を貯える茎にあたります。

主な花の種類

種類名特徴
京花火濃いピンクと淡いピンクのグラデーションが美しい。
まるで花火のように華やかで美しいサボテン。
紫紅花孔雀古くから日本でも育てられており、あでやかな濃いピンクの花を咲かす。
月下美人英語名”A queen of night”(夜の女王)とも言われている。
咲く前から強い香りを放つ。白い花を夜に咲かせ、朝には、しぼんでしまう。
宵待孔雀白く細長い花びらが特徴である。花が上向きに咲く。

保存方法

タイプ熱帯植物、多肉植物、多年草
花持ち期間2日~3日
出回り時期苗は、5月~6月、9月~10月
耐寒温度3℃~5℃
耐寒性弱い
耐暑性普通
日照半日陰~日なた
耐雨性弱い
土質通気性と水はけの良い土、サボテン用の土
利用方法鉢植え、ハンギング(小ぶり)

おわりに

クジャクサボテンの花言葉と基本データの紹介でした。

クジャクサボテンの代表格といえば、世界中でもたくさんの伝説がある、白く上品な『月下美人』があります。その名の通り、月夜に天が遣わした使者からの贈り物のようです。

蘭のサボテンと呼ばれるように、冬の温度の管理が難しいようですが、茎は挿し木で増やせます。

まずは、一鉢から挑戦してみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました