クジャクソウの花言葉と由来

クジャクソウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前クジャクソウ
学名Aster pilosus
主な花言葉(日本)一目惚れ、可憐
主な花言葉(海外)友情、正しい心
誕生花9月5日、10月11日、11月23日
開花期8月〜11月

花名は『多く枝分かれした茎の先に花が咲く様子がクジャクの羽に似ている』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

クジャクソウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
一目惚れ、可憐友情、正しい心
いつもご機嫌飾り気のない人

花言葉の由来(日本)

「一目惚れ」はクジャクソウがあまり土質を選ばず咲くことのできる植物であることが由来となった花言葉です。

また、「いつもご機嫌」とは無数に咲いた花が風に揺れる様子から付けられました。

可愛らしい花が風に踊る様子は、背の高いこの花だからこそなのかもしれません。

花言葉のある名言(日本)

名言を入力してください

ー氏名(職業など)

花言葉の由来(海外)

ミカエルの祝日である9月29日頃に咲くことから、名前にも使われるように大天使ミカエルの影響を強く受けています。

そこから「正しい心」「友情」などの花言葉がついたようです。

また「飾り気のない人」とは、野菊のような素朴な見た目からつけられました。

花言葉のある名言(海外)

名言を入力してください

ー氏名(職業など)

クジャクソウの基本データ

花の名前クジャクソウ
学名Aster pilosus
和名クジャクソウ、クジャクアスター
英名Michaelmas daisy
キク科
アスター属
原産地北アメリカ
開花期8月〜11月
草丈/樹高30㎝~150㎝

学名のアスターとは星を表す単語ですが、キク科の花が放射状にきれいに花弁を広げることが由来でついた名前です。

また、「クジャクソウ」という名前はフレンチマリーゴールドやハルシャギクの別名としても用いられることがあるので注意が必要です。

主な花の種類

種類名特徴
白孔雀(しろくじゃく)背が高く白い花を咲かせる品種。切り花用に改良された品種も同名で流通している。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間5日程度
出回り時期周年
耐寒温度
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日向
耐雨性普通
土質水はけが良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

クジャクソウの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

フラワーギフトとしても人気のクジャクソウは、周年流通していることもありカスミソウの代わりに使用されることもあります。

園芸の面でも育成が難しくないため、初心者でも安心して育てることのできる植物です。

ぜひ、見かけた際には花言葉を思い出してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました