キンモクセイの花言葉と由来

キンモクセイの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前キンモクセイ
学名Osmanthus fragrans var. aurantiacus
主な花言葉(日本)謙虚、気高い人
主な花言葉(海外)謙虚、変わらぬ魅力
誕生花10月7日
開花期9月〜10月

花名は『黄色く、木犀(=樹皮が淡褐色で動物のサイの皮に似ている)』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

キンモクセイの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
オレンジ謙虚、初恋謙虚、気高い
気高い人、誘惑変わらぬ魅力

花言葉の由来(日本)

キンモクセイと言えば、秋になるとどこからかいい香りが漂ってきますよね。あの香りを嗅ぐと、秋が来たなあと感慨深くなります。

対して花は、どこに咲いているのか探さないと見つからないことがあります。

そんないい香りに対して、花は小ぶりで控えめな姿から、「謙虚」の花言葉がつけられました。

花言葉のある名言(日本)

真の勇気が試されるのは逆境のときではない。幸運な時それだけ謙虚でいられるかで試される。

ーヴィクトール・フランクル(医師)

花言葉の由来(海外)

キンモクセイの香りは、前述したように、秋になると私たちを楽しませてくれます。

それは毎年人それぞれが「いつも歩く道で、気付いたら今年もキンモクセイの香りがあるな…」というような安らぎ感を持っているから。

季節が巡れば魅力が変わらずにあることに由来し、「変わらぬ魅力」の花言葉がつけられました。

花言葉のある名言(海外)

人格者は、困難に対してある種の魅力を感じるものだ。なぜなら困難に立ち向かってこそ、自分の潜在的能力に気付くのだから。

ーシャルル・ド・ゴール(軍人)

キンモクセイの基本データ

花の名前キンモクセイ
学名Osmanthus fragrans var. aurantiacus
和名金木犀
英名Fragrant olive
モクセイ科
モクセイ属
原産地中国
開花期9月〜10月
草丈/樹高5~6m

和名は樹の皮が動物のサイの皮に似ていることから木の犀(サイ)、木犀と呼ばれるようになったそうです。

学名は、ギリシア語のosme(香り)とanthos(花)が合わさり、Osmanthus(オスマンサス)がつけられました。

主な花の種類

種類名特徴
ヒイラギモクセイ花は白色で芳香がある。
ギンモクセイとヒイラギの雑種と考えられている。
ヒイラギ日本では主に本州以西の暖地に分布する。晩秋に花が咲く。
ギンモクセイ花は白。キンモクセイはギンモクセイの品種とされている。

保存方法

タイプ高木
花持ち期間10日程度
出回り時期9月〜10月
耐寒温度0℃
耐寒性やや弱い
耐暑性普通
日照日当たりの良い場所
耐雨性普通
土質肥よくな壌土質の土
利用方法庭木、花木

おわりに

キンモクセイの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

この花は、主に香りを楽しまれているのですが、実はお酒やお茶にも用いられています。

お茶やお酒に加工しても、その香りが損なわれることはないです。特に桂花陳酒(ケイカチンシュ)というお酒は、楊貴妃が好んだお酒と言われているそうですよ。

一度は飲んでみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました