サルビアの花言葉と由来

サルビアの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前サルビア
学名Salvia
主な花言葉(日本)燃える想い、良い家庭、家族愛
主な花言葉(海外)尊敬、知恵
誕生花8月31日、9月19日、10月4日
開花期6月〜11月

花名は『健康、安全を意味するラテン語の「salvas」』が由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

サルビアの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
燃ゆる想い家族愛
知恵賢さ、永遠にあなたのもの
尊敬尊敬

花言葉の由来(日本)

日本では緋衣草(ヒゴロモソウ)とも呼ばれる、赤色のサルビア。特に最もポピュラーな種であるサルビア・スプレンデンスは、花弁だけでなくがくまでも鮮やかな赤色です。

この炎のように真っ赤な花をつける様子から、「燃ゆる想い」という情熱的な花言葉がつけられました。

花言葉のある名言(日本)

地上のあらゆる生物 ― 人間も四足獣も家畜も鳥類も ― は、すべて愛の炎に駆り立てらる。愛はあらゆるものの帝王なり。

ーヴェルギリウス(詩人)

花言葉の由来(海外)

抗酸化作用がある薬用サルビアは、古来から大変有用な薬草として重宝されてきました。強い殺菌力と免疫力UPの効能を持つといわれ、強い香りをもつ葉は料理の香りづけに使うこともできます。

またホワイトセージと呼ばれる種は、1000年以上前から空間やパワーストーンを清める為に使われていました。

古くから薬用植物・神聖な植物として利用されていたことから「賢さ」という花言葉がつけられたのです。

ちなみに、サルビアの一種は英語で「sage(セージ)」と呼ばれており、この単語には「賢者」という意味もあるんですよ。

花言葉のある名言(海外)

人生は一冊の書物に似ている。愚者たちはそれをペラペラとめくっていくが、賢者は丹念にそれを読む。

ージャン・パウル(小説家)

サルビアの基本データ

花の名前サルビア
学名Salvia
和名緋衣草
英名sage
シソ科
アオギリ属
原産地メキシコ
開花期6月〜11月
草丈/樹高20~160cm

「緋衣草」という和名は、緋色の花を穂状につける様子からつけられました。

「salvia」は、ラテン語の「salvus(健康、よい状態、安全)」が語源。古代ローマ時代にサルビアの仲間が薬草として使われたことが由来です。

主な花の種類

種類名特徴
サルビア・スプレンデンス最も一般的な種。赤い花弁、赤い萼の花をつけ、多くの園芸種が作出されている。
サルビア・コクネシア花色は赤、白、ピンクがありサルビア・スプレンデンスよりも長く花穂を伸ばす。トロピカルセージとも。
サルビア・ファリナセア白や青の小さめな花をつけるため、ブルーサルビアとも呼ばれる。和名はケショウサルビア。
コモンセージ薬用サルビアとも呼ばれ、古代ギリシア・ローマ時代から薬用・香辛料として利用されている。宿根性。

保存方法

タイプ一年草または宿根草
花持ち期間7~15日間
出回り時期4~11月
耐寒温度5 ℃
耐寒性弱い
耐暑性強い
日照日当たりのよい場所
耐雨性普通
土質リン酸分が多い弱酸性土
利用方法地植え、鉢植え

おわりに

目に鮮やかな赤色の花をつけるサルビア・スプレンデンスから、料理にも使えるコモンセージまで、非常にバリエーションが豊かなサルビア。

古くから愛されてきた植物だけあり、多くの園芸品種が作出されています。

きっと目的の用途にぴったりな種が見つかるはず。いくつか一緒に育てて、見比べるのも面白そうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました