ポトスの花言葉と由来

ポトスの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ポトス
学名Epipremnum pinnatum aureum
主な花言葉(日本)永遠の富・華やかな明るさ
主な花言葉(海外)悪魔のツタ
誕生花4月17日
開花期不定期

花名は『黄金色の葉をしている』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ポトスの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
ライムイエロー永遠の富・華やかな明るさ悪魔の手

花言葉の由来(日本)

光沢のある明るい葉の色で、周りまで明るくするようなポトス。

部屋に潤いを与え、ハンギングにしたりするとおしゃれなことから「永遠の富」などの花言葉がつけられました。

ちなみに、ポトスの花が咲くのは10年に一度ほど。花言葉はポトスの葉の持つイメージから付けられたのです。

花言葉のある名言(日本)

たくさん持っている人が豊かなのではなく、たくさん与える人が豊かなのである。

ーエーリッヒ・フロム(社会心理学者)

花言葉の由来(海外)

日本で見るポトスは、あまり大きくない幼葉です。

自生地のポトスは、葉が1mくらいにもなるほど育ちます。気候条件さえ合えば、どこまでもツタを伸ばして育っていくことから「悪魔のツタ」と付けられました。

日本の花言葉、ポトスのイメージとは全く違いますね。

花言葉のある名言(海外)

女を美しくするのは神であり、女を魅惑的にするのは悪魔である。

ーヴィクトル・ユーゴー(詩人)

ポトスの基本データ

花の名前ポトス
学名Epipremnum pinnatum aureum
和名黄金葛
英名Golden pothos
サトイモ科
ハブカズラ属
原産地東南アジア
開花期不定期
草丈/樹高10~150cm

Epipremnumは、ラテン語で茎の事です。また、aureumは、黄金色を意味します。

和名の黄金葛も、その意味で付けられています。

主な花の種類

種類名特徴
ライム葉全体が黄色になる
マーブル・クイーン葉に白色の斑が入る
エンジョイ葉に淡黄色の覆輪半が大きく入る

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間不明
出回り時期4~10月
耐寒温度0℃
耐寒性弱い
耐暑性強い
日照日陰でも育つ
耐雨性普通
土質水はけのよい肥沃な土
利用方法植木鉢から垂らすようにしても、上に誘引してもよい

おわりに

ポトスは観葉植物の代表的な存在で、広く知られています。ホームセンターなどでもよく見かけるうえ、育てやすく性質も強いので初心者向きといえます。

室内に一鉢あると、みずみずしい緑の葉が生活に潤いをもたらしてくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました