スターチスの花言葉と由来

スターチスの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前スターチス
学名Limonium sinuatum
主な花言葉(日本)変わらぬ心、永遠に変わらない
主な花言葉(海外)remembrance(記憶)、succes(成功)、sympathy(同情)
誕生花5月7日、11月17日
開花期5月〜7月

花名は『ギリシア語のstatizo(止める)を語源として、下痢止めとして用いられた』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

スターチスの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
変わらぬ心悲しみ
情熱成功
ピンク永久不変同情
愛の喜び、誠実不変
知識誠実
しとやか、上品記憶

花言葉の由来(日本)

どの色も花の特徴からつけられた言葉が多く、スターチスらしいものばかり。

スターチスは、ドライフラワーにしても元の色があまり色褪せずにきれいに仕上がります。花として咲く時期も長く、花持ちが良いことから「変わらぬ心」「永遠に変わらない」の花言葉の由来となりました。

変わらぬ愛を誓う為の、恋人への贈り物にぴったりの花ですね。

花言葉のある名言(日本)

変わらぬ愛とは一種の絶え間ない心変わりである。(美点に次々惚れこむ)

ーラ・ロシュフコー(作家)

花言葉の由来(海外)

スターチスは「成功」を象徴するとされ、贈り物としても用いる事ができます。

また、悲しみの象徴ともされ、その優しい華やかな色からお悔やみにも用いられます。それが「同情」の花言葉の由来です。

長い期間に渡って花が咲き続けることで、「記憶」の花言葉も付けられています。

花言葉のある名言(海外)

我々の最大の弱さとは、諦めることにある。

成功する最も確かな方法は、常にもう一回だけやってみることです。

ートーマス・エジソン(発明家)

スターチスの基本データ

花の名前スターチス
学名Limonium sinuatum
和名花浜匙
英名Limonium
イソマツ科
イソマツ属
原産地ヨーロッパ、地中海沿岸
開花期5月〜7月
草丈/樹高10~150cm

花名のスターチスは、イソマツ属の旧名で、正式な学名はリモニウム(Limonium)です。

葉はへら状をしていて、原種は海岸や砂漠に分布していたことから、和名では花浜匙と呼ばれます。

あまり、耳馴染みのない名前ですね。

主な花の種類

種類名特徴
リモニウム・シヌアツム・ソピア混合薄~濃ピンクで、淡青色の萼
リモニウム・シヌアツム・ボンデュエリ・イエロー黄色の萼、花茎に付く翼が少ない
宿根スターチス・ブルー・ファンタジア四季咲き性で、主に切り花用
イソマツ伊豆諸島、屋久島、沖縄の海岸の岩に自生

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間半月
出回り時期周年
耐寒温度0℃
耐寒性やや弱い
耐暑性弱い
日照日向
耐雨性普通
土質水はけ良い土
利用方法切り花、ドライフラワー

おわりに

スターチスは、切り花として一年中出回っているポピュラーな花ですね。

優しい色みで様々あり、切り花として楽しんだ後に逆さにして吊るしておけば、色があまり褪せずに簡単にドライフラワーにもなります。

また、相手に気持ちを伝える贈り物としても最適な花です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました