トラノオの花言葉と由来

トラノオの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前トラノオ(サンスベリア)
学名Sansevieria trifasciata
主な花言葉(日本)永久、不滅
主な花言葉(海外)健康、幸運
誕生花2月21日、6月20日
開花期8月〜10月

花名は、葉に横の縞々模様がつき、”トラ”の尾に見立てたことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

トラノオの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
永久、不滅繁栄、強さ、長寿、健康
堅実、達成知性、美しさ、幸運

花言葉の由来(日本)

“トラ”には、岩山を駆ける勇猛なイメージががありますよね。それ故「神の使い」や「魔除け」の象徴として崇拝されてきたそうです。

そんな縁起のいい”トラ”の名がついた「トラノオ」ですが、小さなユリに似た花は、滅多に見ることができないとか。 

その為、水分を備えた肉厚の”葉”の部分に「永久」や「不滅」と言った花言葉がつけられたようです。

毎日少しずつ生長するため、安らぎを与えてくれる観葉植物として、永く楽しめ人気がありますよね。

また”トラ”の爪のように鋭い葉が真っすぐに伸びる様子は、毎日眺めることでエネルギーを分けてくれています。

花言葉のある名言(日本)

天才も不滅ではないということほど、凡人にとって慰めになることはない。

ーヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(詩人)

花言葉の由来(海外)

英語では、”Snake plant”と呼ばれ、”ヘビ”も神聖な生き物として古くから崇拝されています。

”ヘビ”には、生命力があると言われており、その名の通り「健康」な植物として、海外でも人気があります。

夜にも光合成できる機能を持つ、”葉”が、二酸化炭素を吸収して、酸素を作り出しているとか・・・

寝室に置いてリラックスした眠りをもたらし、翌日も元気になるのでお勧めですと。

花言葉のある名言(海外)

健康とは最上の善であり、他のあらゆる善の基礎である。

ールネ・デカルト(哲学者)

トラノオの基本データ

花の名前トラノオ(サンスベリア)
学名Sansevieria trifasciata
和名千歳蘭(チトセラン)、厚葉千歳蘭(アツバチトセラン)
英名Snake plant
リュウゼツラン科
サンスベリア属
原産地アフリカ、南アジアの乾燥地帯
開花期8月〜10月
草丈/樹高5㎝~100㎝

和名の「千歳蘭」(チトセラン)は、永い期間、葉をつけ楽しめる様子から”千歳”の名前がつけられました。

学名は、ナポリのサンセビエロの王子”Reimond de Sangro”(ライモンド・デ・サングロ)の名から「Sansevieria」とつけられたようです。

主な花の種類

種類名特徴
サンスベリア ローレンティー最もよく知られている品種。空気清浄機能が強いと言われている。
別名「フクリンチトセラン」とも呼ばれ、葉の縁が黄色。
サンスベリア ハーニー葉が放射状に開く、草丈の低い品種。
葉の縁が黄色くなる”ゴールデン ハーニー”と呼ばれる品種が人気。
サンスベリア スタッキー細長く円筒状の葉。葉に溝が入っているのが特徴。
サンスベリア ムーンシャイン草丈30㎝ほどの葉がシルバーがかった薄い色。
濃い緑の縁どりとのコントラストを楽しむ品種。
サンスベリア ピングイクラ英語名”Queen of Sansevieria”(サンスベリアの女王)とも呼ばれる。
肉厚の葉は、先端が尖っており、縁がピンクに色づくため人気がある。

保存方法

タイプ常緑多年性多肉植物
花持ち期間2~3日
出回り時期周年
耐寒温度10℃
耐寒性弱い
耐暑性強い
日照日なた
耐雨性弱い
土質水はけの良い土
利用方法観葉植物

おわりに

トラノオの花言葉と基本データの紹介でした。

留守がちでも、あまり手間がかからないので、気軽に育てたいトラノオですね。

永い間には、「幸運」にも花を目にすることができるかも・・・

また「健康」や「繁栄」と言った花言葉を添えて、プレゼントにもお勧めです。

毎日頑張っている家族や友へ、”素敵な空間”をもたらしてくれますようにと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました