デルフィニウムの花言葉と由来

デルフィニウムの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前デルフィニウム
学名Delphinium
主な花言葉(日本)高貴、清明、あなたは幸福をふりまく
主な花言葉(海外)目標の為の努力、新しい機会、新しい感情
誕生花5月20日、6月6日
開花期5月〜6月

花名は『ギリシャ語でイルカを意味するdelphisが語源になっていて、つぼみの形がイルカに見える』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

デルフィニウムの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
澄んだ瞳、壮大な心尊厳、優雅さ、若さ
ピンク移り気、気まぐれ尊厳、優雅さ、誕生を祝う
可憐な瞳若さ、リニューアル
高貴王族、美しさ

花言葉の由来(日本)

元々は宿根草であるデルフィニウムですが、日本の気候では暑すぎて夏にほぼ枯れてしまうことから、一年草とされています。

燕やイルカにも見えると言われていますが、「高貴」「清明」と付けられたのも、その涼しげで美しい見た目からきているようです。

「あなたは幸福をふりまく」という花言葉も、真っすぐな茎からいくつも分枝して花を咲かせる姿が、幸せを振りまいているように見えることから付けられています。

花言葉のある名言(日本)

改革が必要であればあるだけ、それを成就するための「人格」が必要になる。

今日すぐに始めたまえ、勇気、実在、自尊、明確、高貴を目ざして君自身を鍛えることを、君自身の「人格」を固め広めるまでは休んではならぬ。

ーウォルト・ホイットマン(詩人)

花言葉の由来(海外)

ヨーロッパや米国の様々な所で栽培されていて、伝統的な染料としても利用されています。

また、サソリに刺された傷を保護するためにも利用されていて、勇気や幸運といった意味合いもあったようです。

誰かを応援するために染料として利用されたことから、「目標の為の努力」などの前向きな花言葉がつけられたのでしょうね。

花言葉のある名言(海外)

相手の自己評価を傷つけ、自己嫌悪におちいらせるようなことを言ったりする権利は、誰にもないのです。

大切なことは、相手をどう思うかではなく、相手が自分自身のことを、どう思っているかなのです。

相手の人間としての尊厳を傷つけることは、犯罪だということをわきまえておきましょう。

ーサン・テグジュペリ(作家)

デルフィニウムの基本データ

花の名前デルフィニウム
学名Delphinium
和名大飛燕草(おおひえんそう)
英名Larkspur
キンポウゲ科
デルフィニウム属
原産地ヨーロッパ
開花期5月〜6月
草丈/樹高20cm~150cm

和名の大飛燕草(おおひえんそう)は、花の形が燕(つばめ)が飛んでいるように見えることからきています。

学名のDelphiniumは、ギリシャ語でイルカを意味するdelphisが語源になっていて、つぼみの形がイルカに見える事が由来です。

主な花の種類

種類名特徴
「オーロラ」シリーズエラータム系の品種で、八重咲きの花と長い花穂が特徴。
比較的育てやすい品種なので、初心者にもオススメ。
「キャンドル」シリーズエラータム系の品種で、八重咲きの花と長い花穂が特徴。
開花期がばらつきやすいので、一斉に咲かせるのは難しい。
「パシフィック・ジャイアント」シリーズエラータム系の品種で、八重咲きの花と40cm~50cmほどある長い花穂が特徴。
紫や白など様々な花色を楽むことができる。
「マジック・フォンテンズ」シリーズエラータム系の品種で、八重咲きの花の咲く間隔の密度が高く、40cm~50cmほどある長い花穂が特徴。
紫やピンク、白などの花色がある。
「ミストラル」シリーズシネンセ系の品種で、分枝した茎から間隔をあけたように青い花を咲かせる。
切り花などでは、他の花の邪魔をしないため扱いやすい。
ベラドンナ・グループ青紫や白などの花色がある一重咲きの品種。
いくつも分枝した茎から、密になりつつも涼しげに花を咲かせる。

保存方法

タイプ一年草、宿根草
花持ち期間普通
出回り時期周年
耐寒温度土が凍りつかない程度
耐寒性強い
耐暑性弱い
日照通気性がよく、日当たりのよい場所
耐雨性普通
土質通気性がよく、水捌けのよい土
利用方法鉢植え、花壇

おわりに

デルフィニウムの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

花言葉の意味合い通り、結婚式のブーケとしても利用されていて、燕にもたとえられることから縁起の良い花ですね。

海外では傷の保護に利用されていたとされていますが、人体に有毒な成分が含まれています。食べるとお腹を下したり、最悪の場合は死に至るとされているので、絶対に口に入れてはいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました