イブニングスターの花言葉と由来

イブニングスターの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前イブニングスター
学名Swertia japonica
主な花言葉(日本)安らぎ、愛情をちりばめる、余裕、すべて良し
主な花言葉(海外)
誕生花10月31日
開花期8月〜11月

花名は『星をちりばめたような見た目』が由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

イブニングスターの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
義侠の愛
安らぎ、余裕、愛情をちりばめる

花言葉の由来(日本)

イブニングスターの花びらが、小さなお星さまのようであり、それがちりばめられたかのように見えることから「愛情をちりばめる」という花言葉がついたそうなのです。

やはりこの見た目に癒される人も多かったのではないでしょうか。

また、種は苦く、罰ゲームとしてもよく用いられるセンブリ茶の材料でもあるのですが、花言葉は素敵なものが多く、意外ですよね。

なお日本が原産の品種なので、海外の花言葉はありません。センブリ属といういかにも和名な文字のもとに、イブニングスターという名称が付けられているのは……おちゃめな感じです(´・ω・`)

花言葉のある名言(日本)

ベルは鳴らすまではベルではない。
歌は歌うまでは歌ではない。
そして心のなかの愛は、そこにとどめておくためにあるのではない。
愛は与えてこそ、愛となるのだ。

ーオスカー・ハマースタイン(アメリカのオペラ興行主)

イブニングスターの基本データ

イブニングスターの花言葉と由来
花の名前イブニングスター
学名Swertia japonica
和名センブリ
英名Swertia pseudochinensis
リンドウ科
センブリ属
原産地日本、中国、朝鮮半島
開花期8月〜11月
草丈/樹高50~70cm

和名のセンブリは、その種の苦さから、「千回振りだしてもまだ苦い」ということからつけられました。

また学名の「Swertia(スウェルティア)」は、そのまま千振という意味でだそうですよ。分かりやすい名前ですね。

でも、種をまいても開花させることが難しく、準絶滅危惧種に指定されている希少な植物でもあります。

主な花の種類

種類名特徴
イヌセンブリセンブリに似ているが、苦みや薬効がないので、ほとんど栽培されていない。
センブリ種に強い苦みがあり薬用として栽培されることがほとんどである。

保存方法

タイプ2年草
花持ち期間2週間前後
出回り時期9~11月頃
耐寒温度-10℃
耐寒性普通(急な温度変化には弱い)
耐暑性弱い
日照1年目:半日蔭
2年目:日当たりのいい場所
耐雨性弱い
土質水はけと水持ちがよく、
肥料分の少ないもの
利用方法

おわりに

イブニングスターの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

お星さまのような見た目が小ぶりでかわいらしく、花言葉も相まって贈り物にぴったりのお花です。

ぜひ大切な人にメッセージカードとともにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました