ハゲイトウの花言葉と由来

ハゲイトウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ハゲイトウ
学名Amaranthus tricolor
主な花言葉(日本)不老不死
主な花言葉(海外)不滅の美
誕生花9月25日、11月21日
開花期8月〜11月

花名は『漢字で書くと葉鶏頭となり、赤色の葉が鶏のトサカに似ている』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ハゲイトウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
紫、赤、黄不老不死不滅の美

花言葉の由来(日本)

「不老不死」とはハゲイトウの特徴的なカラフルな葉の寿命が長いことに由来します。

葉がきれいな植物は多く存在しますが、その美しい色が長く楽しめるという点でハゲイトウはとても優秀です。

栽培自体もそこまで難しくないことから、江戸初期には日本でも栽培されていたようです。

花言葉のある名言(日本)

老いるというは、不変のものの変化を感ずることだ。

ーポール・ヴァレリー(作家)

花言葉の由来(海外)

イギリスでもエリザベス朝時代に大変愛好されており、その息の長い美しさで人々を魅了していました。

植物学者が「この美しさを描写するには自分の技量が足りない」と評したことから「不滅の美」という花言葉に転じたようです。

世界的にこの植物の美しさと、その持続時間の長さが有名であることがよくわかりますね。

花言葉のある名言(海外)

愛こそ私たちにただ一つ不滅なのよ。

ーマリリン・モンロー(女優)

ハゲイトウの基本データ

花の名前ハゲイトウ
学名Amaranthus tricolor
和名ハゲイトウ
英名Tampala
ヒユ科
ヒユ属
原産地熱帯アジア
開花期8月〜11月
草丈/樹高約100㎝

学名は古代ギリシアでアマランサスと呼ばれた植物が同属に属していたと思われていたからです。

現在ではアマランサスは別の植物だと考えられていますが「不滅」を象徴として持っていたことから、現在でもこの植物に使われています。

主な花の種類

種類名特徴
アーリー葉の色が鮮やかな赤に染まる品種。
イルミネーション赤や黄の色が鮮やかで、色が変化していく様子も楽しむことができる品種。

保存方法

タイプ一年草
花持ち期間
出回り時期6月~11月
耐寒温度
耐寒性弱い
耐暑性強い
日照日向
耐雨性普通
土質水はけが良く保水性の良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

ハゲイトウの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

葉がメインで花に関するイメージはほとんどなく、今日ではあまり見かけなくなった植物ではありますが、魅力的な見た目と花言葉を持ちます。

水やりの必要もあまりなく、寒さにだけ気を付けていれば栽培も難しくありません。ぜひ、見かけたらお手に取ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました