カスミソウの花言葉と由来

縷絲花(大花滿天星) Gypsophila elegans [上海世紀公園 Shanghai, China]

カスミソウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前カスミソウ
学名Gypsophila elegans
主な花言葉(日本)幸福、感謝
主な花言葉(海外)清らかな心、純潔
誕生花4月4日、5月21日、6月1日、11月30日
開花期5月〜7月

花名は『咲いた花が霞のように見える』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

カスミソウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
幸福清らかな心
ピンク感謝純潔

花言葉の由来(日本)

カスミソウは真っ白な花や小さな花が群れて咲く様子からとても幻想的な雰囲気を持つ花です。

その幻想的な雰囲気は小さな幸せがつまった「幸福」を連想させ、昔から贈り物としても重宝されていました。そこから「感謝」の花言葉がついたものと想像できますね。

花言葉のある名言(日本)

感謝の気持ちを表すことは、最も美しい礼儀作法である。

ージャック・マリタン(哲学者)

花言葉の由来(海外)

「清らかな心」はカスミソウの花が小さく、控えめに咲く姿からつけられました。

切り花やブーケとしても多く利用されるカスミソウは、結婚式でも多く見かけられます。花嫁の晴れの日にふさわしい「純潔」の花言葉も納得です。

国内外でも同じような花言葉がつけられているカスミソウ。国境を超えて、惹きつけるものが詰まっているのかもしれませんね。

花言葉のある名言(海外)

娘の純潔の確かな番人は厳しさである。

ーミッシェル・ド・モンテーニュ(哲学者)

カスミソウの基本データ

カスミソウ
花の名前カスミソウ
学名Gypsophila elegans
和名カスミソウ、ムレナデシコ
英名Annual Baby’s
ナデシコ科
カスミソウ属
原産地地中海沿岸~アジア
開花期5月〜7月
草丈/樹高20㎝~1m

学名は石灰質の土を好むカスミソウの特徴からギリシャ語で「石灰」「愛する」という単語を組み合わせたものです。

石灰と同じように真っ白なことも、もしかすると理由の一つなのかと思いますね。

主な花の種類

種類名特徴
宿根カスミソウ切り花に用いられる背の高い品種。
ジプシー背が低い矮性品種。濃淡のあるピンク色が特徴。

保存方法

タイプ一年草
花持ち期間2週間程度
出回り時期5月~7月
耐寒温度
耐寒性強い
耐暑性弱い
日照日向
耐雨性やや弱い
土質水はけの良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

カスミソウの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

カスミソウはその愛らしい姿からインテリアはもちろん、アクセサリーのモチーフとしてもとても人気のお花です。見た目通りの可憐な花言葉もあいまって、贈り物にぴったり。

大切な人へのプレゼントにも、いかがでしょうか。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net
タイトルとURLをコピーしました