オオイヌノフグリの花言葉と由来

オオイヌノフグリの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前オオイヌノフグリ
学名Veronica persica
主な花言葉(日本)清らか、忠実、信頼
主な花言葉(海外)忠誠心、忠実さ
誕生花2月11日
開花期2月〜5月

花名は『イヌノフグリよりも大きい植物である』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

オオイヌノフグリの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
清らか、忠実、信頼忠誠心、忠実さ

花言葉の由来(日本)

日本ではオオイヌノフグリと呼ばれ、道端などに生えている雑草ですが、花言葉がつくほど可愛らしい花を咲かせる植物です。

「清らか」「忠実」「信頼」の花言葉は、聖女ヴェロニカに由来していると言われています。

一日しか咲かず販売もされていない花なので、誰かと一緒に生えている場所を探しに行き、その場で花をプレゼントする……というのも楽しそうですね。

花言葉のある名言(日本)

私はフェイスリフトなんてせずに歳を取りたい。

自分が(生きてきた中で)作り上げた顔に忠実になれるような勇気を持ちたいの。

ーマリリン・モンロー(女優)

花言葉の由来(海外)

海外ではBirdeye Speedwellなどの一般的な呼び名があり、雑草のようなポジションの植物。喘息や鼻づまりなどに薬効があるとされ、お茶として飲まれたりもしているようです。

学名ではVeronica persicaという素敵な名前があり、Veronicaの名は、聖女・ヴェロニカを指しています。

聖女ヴェロニカが、十字架を背負って歩くキリストの額の汗を拭う為に身に着けていた布を差し出したところから、忠誠心や忠実さという花言葉がついたのでしょうね。

花言葉のある名言(海外)

忠誠心を買うことはできない。

獲得すべきものである。

金の力で引き留めようとすれば、引き留められた者が誘惑に対する自分の弱さを会社のせいにするだけである。

ーピーター・ドラッカー(経営学者)

オオイヌノフグリの基本データ

花の名前オオイヌノフグリ
学名Veronica persica
和名大犬の陰嚢
英名Birdeye Speedwell
オオバコ科
クワガタソウ属
原産地ヨーロッパ
開花期2月〜5月
草丈/樹高10cm~20cm

和名の大犬の陰嚢は、花名の由来である「イヌノフグリ」の果実の形が犬の「陰嚢」に似ている所から来ています。

学名のVeronica persicaは、聖ヴェロニカ(イタリアの聖人)に由来しているようです。

主な花の種類

種類名特徴
オオイヌノフグリ可愛らしい小さな青い花を咲かせる、雑草に分類される植物。
繫殖力が強いが、花は脆くて1日しか咲かないので、切り花には不向き。

保存方法

タイプ越年草
花持ち期間1日
出回り時期雑草のため販売されていない。
耐寒温度2℃
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日当たりのよい場所、半日陰
耐雨性普通
土質水捌けのよい土
利用方法植木鉢、花壇

おわりに

オオイヌノフグリの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

市場には出回っていませんが、名前に反して小さくて可愛い花を咲かせます。鉢植えで育ててみるのも楽しそうですね。

ただ、繫殖力が強い雑草なので、増えすぎて困る事を想定して植木鉢で栽培したり、他人の敷地内に種が飛ばないように気を付ける必要があります。

種は販売もされていますが、道端などで採取する場合は、トラブル防止のためにも土地の持ち主に許可を取るなどしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました