キランソウの花言葉と由来

キランソウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前キランソウ
学名Ajuga decumbens
主な花言葉(日本)あなたを待っています、追憶の日々、健康をあなたに
主な花言葉(海外)元気な心、愛らしい
誕生花3月11日、5月24日
開花期3月〜5月

花名は『葉の光沢や密生して花が咲く姿が「金襴(きらん)」という織物の切れ端に見える』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

キランソウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
あなたを待っています、追憶の日々、健康をあなたに元気な心、愛らしい

花言葉の由来(日本)

キランソウは地面に這うようにして咲く野草です。その姿は、まるで何かに耐えているようにも見えます。

花びらが両手を広げて迎え入れているようにも見えることから、「あなたを待っています」「追憶の日々」といった花言葉が生まれました。

また、もう1つの花言葉である「健康をあなたに」は、キランソウに薬としての効能があることが由来です。

花言葉のある名言(日本)

待ってもむだなことがある
待ってもだめなこともある
待ってむなしきことばかり
それでもわたしは じっと待つ

ー相田みつを(詩人)

花言葉の由来(海外)

キランソウの海外の花言葉は、「元気な心」「愛らしい」です。日本の花言葉とは、ちょっと視点が違いますね。

キランソウの咲かせる小ぶりで可愛らしい花の姿から、上記の花言葉に繋がったのかもしれません。

どちらにしても相手を思いやるものですから、プレゼントとして贈って失敗する心配はないと思います。

花言葉のある名言(海外)

もし愛されたいなら、愛し、愛らしくいよう。

ーベンジャミン・フランクリン(政治家、著述家、物理学者、気象学者)

キランソウの基本データ

花の名前キランソウ
学名Ajuga decumbens
和名キランソウ
英名Creeping bugleweed
シソ科
キランソウ属
原産地日本、中国、朝鮮半島
開花期3月〜5月
草丈/樹高2cm~20cm

和名の「キランソウ」は、花が草むらに広がって咲いている姿や、光沢がありつややかな葉っぱが織物の「金襴(きらん)」の切れ端のように見えることからついたと言われています。

また、別名として「地獄の釜の蓋」とも呼ばれています。これは、キランソウが墓地によく見られること、葉っぱが密集して丸く見えることが由来です。

学名の「Ajuga decumbens(アジュガ・デカムベンス)」は、「Ajuga」がキランソウ属のことを意味し、「decumbens」は「傾いた」を意味しています。

主な花の種類

種類名特徴
ヒメキランソウ九州に分布し、海岸近くの岩場に生えている。
寒さに弱く、あたたかい地域に生息する。
ジュウニキランソウキランソウとジュウニヒトエの雑種。
両者の特徴をそれぞれもっており、葉や花びらはキランソウに近い形をしている。
シマカコソウ小笠原諸島にのみ生息している。
台風などにより、絶滅危惧種に指定されている。
キランニシキゴロモツクバキンモンソウとキランソウの雑種。
両者がそれぞれ生息している地域に生えている。
ヒイラギソウ通常のキランソウに比べて花冠の筒部がとても長い。
葉が柊のような形をしていることから「ヒイラギソウ」という名がついた。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間1週間
出回り時期3月~4月
耐寒温度-8℃
耐寒性強い
耐暑性普通
日照屋外の日当たりの良い場所から明るい半日陰
耐雨性普通
土質水はけが良く、肥沃な土を好む
利用方法花壇、薬

おわりに

キランソウの花言葉や由来と、基本データを紹介しました。

野草ではありますが、薬としての効能もあり可愛らしくもある魅力的な花です。

日本でよく見られる品種なので、道を歩くときに探してみても良いかもしれませんね。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました