ミスミソウの花言葉と由来

ミスミソウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ミスミソウ
学名Hepatica nobilis
主な花言葉(日本)自信、はにかみ屋
主な花言葉(海外)自身、信頼
誕生花1月5日、1月11日、2月28日
開花期3月〜5月

花名は『葉が三角形である』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ミスミソウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
紫、ピンク自信自信
はにかみ屋信頼

花言葉の由来(日本)

雪割草の別名を持つミスミソウ。

雪の下から顔を出して春の訪れを告げる姿から「はにかみ屋」という花言葉が付けられました。

また、種から育てると花をつけるまでに数年かかることも、恥ずかしがり屋のイメージを後押ししているのかもしれません。

花言葉のある名言(日本)

いいことを照れもせずにいう奴は、みんな疑った方がいいぞ。

ー吉本 隆明(詩人)

花言葉の由来(海外)

「自信」という花言葉はミスミソウの実力を評価して付けられた花言葉です。

多くの植物は冬の間、土の中で過ごし、芽を出す植物もなかなか雪に接する環境で花をつけることはありません。

そんな中、この小さな野花はかわいらしい花を雪を割って覗かせてくれます。

花言葉のある名言(海外)

自信を持つものが人を導く。

ーホラティウス(詩人)

ミスミソウの基本データ

花の名前ミスミソウ
学名Hepatica nobilis
和名ミスミソウ、雪割草
英名Hepatica
キンポウゲ科
ミスミソウ属
原産地日本
開花期3月〜5月
草丈/樹高10~20㎝

学名はラテン語で「肝臓」という意味を持ちます。

これは葉の形が肝臓の形に似ていると言われるためです。

三角形を組み合わせたような葉の形がいかに特徴的かがわかります。

また、日本での別名「雪割草」はカタカナで表記するとサクラソウ科に属する別の植物を指す言葉になります。

主な花の種類

種類名特徴
ミスミソウ葉の形はもちろん、野花に珍しく多彩なカラーが存在することも特徴。
オオミスミソウ花径が2㎝になることもある品種。大ぶりな分、華やかな花姿が人気。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間5日程度
出回り時期1月~5月
耐寒温度
耐寒性強い
耐暑性普通
日照日向、半日蔭
耐雨性普通
土質水はけの良い土を好む
利用方法花壇、鉢植え

おわりに

ミスミソウの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データの紹介でした。

実は、カラフルな花弁に見える部分は萼片です。ミスミソウには花弁がありません。

だからこそ、春に先駆けて雪を割り咲くことができるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました