ネジバナの花言葉と由来

ネジバナの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ネジバナ
学名Spiranthes sinensis var.amoena
主な花言葉(日本)思慕
主な花言葉(海外)
誕生花7月4日
開花期6月〜9月

花名は『花が、らせん状にねじれて付く』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ネジバナの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
ピンク思慕   ー
想い   ー

花言葉の由来(日本)

ネジバナは、小さなピンクの花がらせん状に下から咲いていきます。巻き付くように咲く様子を思い慕う姿に見立てたのでしょう。

はかなげだけど、個性あるその花姿から「思慕」の花言葉がつけられました。

なお、日本の在来種であることから、海外の花言葉はありません。

花言葉のある名言(日本)

われわれが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である。

ージャン・パウル(小説家)

ネジバナの基本データ

花の名前ネジバナ
学名Spiranthes sinensis var.amoena
和名捩花
英名Screw flower
ラン科
ネジバナ属
原産地日本
開花期6月〜9月
草丈/樹高15~40cm

小さな花が、らせん状に下から咲いていきます。ネジバナというのはその見た目から付けられました。他にモジズリ、ネジレバナの呼び名もありますね。

学名のSpiranthesは、ギリシア語のspeira(らせん)、anthos(花)が由来です。

主な花の種類

種類名特徴
ヤクシマネジバナ屋久島の高地に生える 10~20cmの小型種
アキネジバナ秋咲き
ナンゴクネジバナ3~4月頃に開花

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間5~6日
出回り時期6~9月
耐寒温度-10℃
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日なた、半日蔭
耐雨性普通
土質水持ちよい土
利用方法鉢植え、地植え

おわりに

明るい芝生の中に小さなピンクの花が咲いていたら、それはネジバナかも知れません。

面白い咲き方をする花ですね。

私は祖母にこの花を教わったので、見つけると必ず祖母のことを思い出します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました