シルクジャスミンの花言葉と由来

シルクジャスミンの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前シルクジャスミン
学名Murraya paniculata
主な花言葉(日本)純粋な心
主な花言葉(海外)穏やか
誕生花6月21日
開花期6月〜9月

花名は『ジャスミンに似た花』が由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

シルクジャスミンの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
純粋な心穏やか

花言葉の由来(日本)

「純粋な心」の花言葉は、シルクジャスミンの透き通るような純白の花色が由来です。

たくさんの小さな花が一生懸命咲く姿に、けがれの無い美しい心を見たのでしょう。

花言葉のある名言(日本)

もしハンサムじゃないという悩みを持っているなら、そして純粋さでは他の誰にも負けないという自信があるなら、女性に対しても、いわゆる美女にとらわれず、自分と同じように純粋な女性を恋の相手に選べばいい。

ー岡本太郎(芸術家)

花言葉の由来(海外)

「穏やか」の花言葉は、香りのよさと、葉や茎を自然の薬として使えることが由来です。

見た目もかわいい白い花で、薬としても人の役に立つことからつけられたのではないでしょうか。

花言葉のある名言(海外)

幸せを与えてくれるのは、富でも豪華さでもなく、穏やかさと仕事である。

ートーマス・ジェファーソン(アメリカ第3代大統領)

シルクジャスミンの基本データ

花の名前シルクジャスミン
学名Murraya paniculata
和名ゲッキツ(月橘)
英名Orange jasmine
ミカン科
ゲッキツ属
原産地東南アジア
開花期6月〜9月
草丈/樹高10~200cm

「シルクジャスミン」の名前は、ジャスミンに似た花の形と、シルクのようなつやのある葉を持つことからつけられました。名前にジャスミンが使われていますが、違う種類の植物です。

学名の「Murraya」は、スウェーデン生まれのドイツの植物学者、ヨハン・アンドレアス・マレーの功績をたたえて献名されたのが由来です。

また、学名の「paniculata」は、ラテン語で「房」から「円錐花序(えんすいかじょ)」の意味があります。円錐花序というのは、花の軸がいくつにも分かれてたくさんの小さい花を付け、全体が円すいの形になっていることを言います。

和名の「ゲッキツ(月橘)」は、月の出る夜によく香る柑橘系の香りが由来です。元は中国でつけられた名前のようです。

英名の「Orange jasmine」は、オレンジのような柑橘系の香りと、ジャスミンに似た花を咲かすことが由来です。

主な花の種類

種類名特徴
矮性ゲッキツ葉は細かく株全体が小型となる。
カレーノキ和名オオバゲッキツ。葉にスパイシーな香りがある。アジアやインドではスパイスとして使われている。

保存方法

タイプ観葉植物
花持ち期間1週間
出回り時期6月~9月
耐寒温度5度
耐寒性弱い
耐暑性強い
日照日向を好むが、半日陰でも育つ
耐雨性強い
土質水はけのよい土を好む
利用方法鉢植え、庭木(関西以南)

おわりに

シルクジャスミンの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

良い香りのする花からは香油がとれ、葉はスパイスや薬酒として、実は食用として使えます。また、木材としても利用され、見た目もかわいらしく、さまざまな用途に使われる植物です。

常緑樹ですが、5度以下になると葉が落ちます。冬は室内の暖かい日当たりのいい場所に置いてあげると、年中つやのある緑の葉を楽しめます。

プレゼントとしても人気がありますので、素敵な花言葉とともに、カードを添えて贈ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました