ヤマブキの花言葉と由来

ヤマブキの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前ヤマブキ
学名Kerria japonica
主な花言葉(日本)崇高、気品、金運
主な花言葉(海外)繁栄、富
誕生花3月28日、5月4日
開花期4月~5月

花名は『山から吹く風で揺れる様子にちなんで付けられた』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

ヤマブキの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
崇高、気品、金運繁栄、富

花言葉の由来(日本)

ヤマブキは源氏物語や万葉集などに出てくるほど日本では歴史のある花で、「太田道灌」という室町時代の武将にも関わり深い花です。

花言葉の「崇高」「気品」は、ヤマブキの美しい花の見た目に由来していると言われています。

「金運」という花言葉は、「やまぶき色」とも言われる黄色~オレンジのような花色に由来していて、ヤマブキの花が金貨に例えられたことから付けられました。

花言葉のある名言(日本)

条件はみんな同じなんだ。

故障した飛行機に乗り合わせたみたいにさ。

もちろん運の強いのもいりゃ運の悪いものもいる。

タフなのもいりゃ弱いのもいる、金持ちもいりゃ貧乏人もいる。

だけどね、人並み外れた強さを持ったやつなんて誰もいないんだ。

みんな同じさ。

ー村上春樹(小説家)

花言葉の由来(海外)

海外ではケリアジャポニカと呼ばれていることからも、ヤマブキが日本原産の植物だということが分かります。

「繁栄」「富」という花言葉はヤマブキの花色に由来していて、「ゴールド」や「金貨」を連想させることから付けられました。

ヤマブキの利用方法としましては、観賞用として鉢植え状態でのネット販売もされていて、庭を彩る植物としても人気があります。

花言葉のある名言(海外)

富など取るに足らず、愛なんてお笑いぐさ、名誉欲だって暁と共に消える夢。

求めるのはただ、耐え抜く勇気をもって、この世でもあの世でも縛られることなき魂。

ーエミリー・ブロンテ(小説家)

ヤマブキの基本データ

花の名前ヤマブキ
学名Kerria japonica
和名山吹(やまぶき)
英名Japanese kerria
バラ科
ヤマブキ属
原産地日本、中国
開花期4月~5月
草丈/樹高1m~1.5m

和名の山吹(ヤマブキ)は、山から吹く風で揺れる様子に由来していて、かつて「山振り」と呼ばれていた名前が転訛したとされています。

学名のKerria japonicaは、「William Kerr」というスコットランドの植物学者の名前にちなんで付けられました。

主な花の種類

種類名特徴
フイリヤマブキ黄色い一重咲きの花を咲かせる品種。
葉にはクリーム色の斑が入っていて、成長が遅めなのも特徴。
ヤエヤマブキ黄色い八重咲きの花を咲かせる品種。
ひとつの枝にいくつも花が付くのが特徴で、樹高は比較的高め。

保存方法

タイプ低木
花持ち期間7日程度
出回り時期4月~5月
耐寒温度防寒対策なしでも冬越しできる程度
耐寒性強い
耐暑性強い
日照日向、半日陰
耐雨性普通
土質水捌けのよい土
利用方法山林、鉢植え、庭植え

おわりに

ヤマブキの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

八重咲きのヤマブキは実が付かないと言われていますが、そのバラのような花の美しさは切り花としても人気があります。

誰しもが好きであろう「金運」という花言葉も付いてますので、商売繫盛の祈願として庭に植えたり、プレゼントするのもいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました