センニチコウの花言葉と由来

センニチコウの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前センニチコウ
学名Gomphrena globosa
主な花言葉(日本)色あせぬ愛、不朽、永遠の恋
主な花言葉(海外)色あせぬ愛、不死、不滅
誕生花8月14日、9月22日
開花期7月~11月

花名は『この植物の花期が長い』ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

センニチコウの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
色あせぬ愛色あせぬ愛
ピンク不朽不死
永遠の恋不滅

花言葉の由来(日本)

センニチコウの花は、小ぶりで丸いポンポンのように見えて可愛らしいですよね。

じつは花期が長いことが特徴で、ドライフラワーにしても花が色あせることがないといわれるほどなんです。

この特徴から、「色あせぬ愛」や「不朽」という、いつまでも変わらない様を意味する言葉がつけられました。

花言葉のある名言(日本)

死して不朽の見込みあらばいつでも死すべし、生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。

ー吉田松陰(思想家)

花言葉の由来(海外)

花期が長い特徴から、海外でも「不死」や「不滅」といった変化しない意味を持つ花言葉が多くつけられています。

加えて、海外では花占いに用いられることもあるそうなんです。

その方法は、男性が胸のポケットに花を入れ、意中の相手に会いに行くだけ。枯れなかったら恋が成就して、枯れてしまうと失恋する、という判別で使われています。

もし枯れてしまったら怖いですね……

花言葉のある名言(海外)

人の魂は、不滅です。ですが正しい者の魂は、不滅であり神聖なのです。

ーソクラテス(哲学者)

センニチコウの基本データ

花の名前センニチコウ
学名Gomphrena globosa
和名千日紅
英名Globe amaranth
ヒユ科
センニチコウ属
原産地熱帯アメリカ、熱帯アフリカ
開花期7月~11月
草丈/樹高15~70cm程度

和名の千日紅は、100日間咲き続けることに由来する「百日紅(サルスベリ)」よりも長く花を咲かせることからきています。

百よりも長い”千”からとって、センニチコウと名付けられました。

英名のGlobe amaranth(グローブアマランス)は、「Globe(丸い)」と「amaranth(ヒユ科の植物)」という意味が合わさって付けられています。

主な花の種類

種類名特徴
ストロベリー・フィールズ草丈は80cmほどになり、センニチコウのなかでは最も背が高くなる。
明るいオレンジ赤色の花が人気で、草丈を生かして切り花にするとよい。
ファイヤーワークススパイシーな香りの花が特徴的な品種。よく枝分かれして倒れながら横に広がり、大株になる性質。
強く凍らせなければ、冬越しもできる。

保存方法

タイプ一年草、多年草
花持ち期間5~10日程度
出回り時期7月~11月
耐寒温度5℃
耐寒性弱い
耐暑性強い
日照戸外の日当たりと水はけのよい場所
耐雨性強い
土質水はけのよい土
利用方法鉢植え、庭植え

おわりに

センニチコウの花言葉にまつわる由来や意味と、基本データについての紹介でした。

実は、このお花はインドやベトナムでは若い芽や葉を食用としたり、中国では咳止めの薬として使われていたりします。

アレンジメントとしてはもちろん、ドライフラワーにも向いているので、花言葉を添えてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

お花を贈りたいけど、うまく選べないあなたへ

人生の転機や冠婚葬祭で選ばれることが多いお花。外出も自粛が続いて、家で一人でいる時間や家族と過ごす生活が多くなっています。

ただ、いざプレゼントするとなると、バランス良く選ぶのが難しいものです。

「会いには行けないけど、お花を贈るから元気でいてね」
「お花の香りで、ちょっとでも心が和みますように」

そんな想いが込められたメッセージとともに、お花をオンラインで贈る方が増えているんです。

キレイな見た目で癒されて、ふんわりとした香りを味わい、心を落ち着かせる。

こんなご時世だからこそ、お花の力でできることがあるはずです。

・いまは中々会えない、大切な人
・遠くに住んでいる家族
・一人でしんみりしている自分

下記のボタンから、プロが選んだフラワーアレンジをチェックしてみてください。

\友達に伝えてみる/
花言葉.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました