イワツメクサの花言葉と由来

イワツメクサの主な花言葉は、下記のとおりです。

花の名前イワツメクサ
学名Stellaria nipponica
主な花言葉(日本)初恋、奥ゆかしさ
主な花言葉(海外)
誕生花
開花期7月〜9月

花の名前は「岩場に生える葉っぱの外観が鳥の足のツメに類似している」ことが由来です。

以下では、花言葉(日本と海外)の詳細を色別・国別にまとめ、その由来と名言などをご紹介します。

イワツメクサの色別の花言葉

日本海外(西洋など)
初恋、奥ゆかしさ

花言葉の由来(日本)

白い小さな花の様子が初々しいことから「初恋」、高山の岸壁に寄り添って岩陰にひっそりと咲くことから「奥ゆかしさ」という花言葉がつきました。

日本固有種ということで、やまとなでしこを連想させるかわいらしい植物ですね。

花言葉のある名言(日本)

初恋に勝って人生に失敗するというのは良くある例で、初恋は敗れる方がいいという説もある。

ー三島由紀夫(小説家)

イワツメクサの基本データ

イワツメクサの花言葉と由来
花の名前イワツメクサ
学名Stellaria nipponica
和名岩爪草
英名
ナデシコ科
ハコベ属
原産地日本
開花期7月〜9月
草丈/樹高10~20cm

「岩場に生える葉っぱの外観が鳥の足のツメに類似している」ことから、イワツメクサと名付けられました。

和名もイワツメクサと名付けられていますが、これは岩の間から生えるツメクサという意味。属が異なる全く違う種の花になります。

また 学名のStellaria nipponicaは 

  • Stellaria が「ハコベ属 」 
  • nipponica が「日本の本州の」 

という2つの単語から来ており、Stellaria(ステラリア)の語源は、ラテン語の 「stella(星)」が由来です。

花弁は10枚あるように見えますが、実は2枚ずつ根元でくっついており、実際は5枚の花弁=星形となります。

主な花の種類

種類名特徴
イワツメクサ日本固有種で高山性多年草であり、中部地方の高山の砂礫地に自生。環境が厳しいので草丈は低く、良く分枝して絨毯状に広がる。

保存方法

タイプ多年草
花持ち期間
出回り時期通年
耐寒温度
耐寒性
耐暑性
日照日当たり
耐雨性
土質岩礫地
利用方法鉢植

おわりに

中央アルプスの木曽駒ヶ岳(標高2,956m)、空木岳に自生する日本固有種の高山植物、イワツメクサ。

岩の隙間のわずかな砂を頼りに生えている、花言葉どおりの奥ゆかしい植物です。

山登りの際は、ぜひ岩の間にも注目してこの可憐な花を見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました